msnet_logp1.jpg

VB.NETで作成したアプリケーションを発行した際に「SignToolで、キーセットがありません」エラーが発生し発行ができない場合の対処方法について覚書。

スポンサードリンク


「SignToolで、キーセットがありません」エラーの原因について

エラーの発生原因としては、証明書絡みであることはすぐに分かりましたが、なぜ?という感じなので原因の詳細の説明はできない状態です。

「SignToolで、キーセットがありません」エラー発生時の対処方法

VB.NETで作成したアプリケーションをセットアップポイントに発行した際に「SignToolで、キーセットがありません」エラーが発生して発行ができない場合の対処方法を以下に記載します。

一応以下に説明する手順で解決はしましたが、正しい対処方法かはわかりません。

  1. 1.[スタート] - [ファイル名を指定して実行]をクリックする。

  2. [名前]に "mmc" と入力する。

  3. [コンソール1]画面が表示されるので、[ファイル] - [スナップインの追加と削除]をクリックする。

  4. [スナップインの追加と削除]画面が表示されるので[追加]をクリックする。

  5. [利用できるスタンドアロン スナップインの追加]の一覧から一番下にある[証明書]を選択し、[追加]をクリックする。

  6. [証明書スナップイン]画面が表示されるので[ユーザー]をオンにして[完了]をクリックする。

  7. 利用できるスタンドアロン スナップインの追加]画面に戻るので、[閉じる]をクリックして画面を閉じる。

  8. 同様に、[スナップインの追加と削除]画面に戻るので[OK]をクリックして画面を閉じる。

  9. [コンソール ルート] -[証明書 - 現在のユーザー] -[個人] - [証明書] をクリックする。

  10. 発行者が自分になっているものを選択し、削除する。

これで、発行ができるようになる。

削除する証明書について

証明書をダブルクリックすると詳細が出るので、削除してよいかどうか確認してください。

私の場合自分で発行することはないので、個人の証明書を全部削除しました。

どれを消したらいいか(消しても問題ないか)わからない場合は詳しい人に聞いたほうが良い思います。

スポンサードリンク

  

関連記事