msnet_logp1.jpg

VB.NETでデータベースのテーブルへのデータ(レコード)挿入(Insert)するサンプルプログラムについて覚書。

もっとも簡単なのは、対象のテーブルのアダプターにウィザードで関数を作成すること。

[TableAdapterクエリの構成ウィザード]を使って簡単にできる。

以下手順について覚書。
スポンサードリンク


[TableAdapterクエリの構成ウィザード]の設定手順

  1. ソリューションエクスプローラからMSDataSetGenerator(*.xsd)をダブルクリックして表示する。

  2. 追加対象のテーブルを右クリック。

  3. コンテキストメニューから[クエリの追加](右クリックの場所によっては、[追加] → [Query])をクリック

  4. [TableAdapterクエリの構成ウィザード]が起動するので[SQLステートメントを使用する]がオンになってるのを確認して[次へ]をクリック

  5. [INSERT]をオンにして、[次へ]をクリック

  6. INSERT文が勝手に作成されているので、[次へ]をクリック。

  7. [新しい関数の名前]ボックスに自分でわかりやすい任意の名前を入力(例:InsertDataとか)して[完了]をクリック

以上で[TableAdapterクエリの構成ウィザード]の設定は終了。

テーブルへのデータ挿入例

実際にデータを挿入するときは、以下のように記述(AccessのサンプルDB Northwindの運送会社テーブル使用)

名前付き引数で指定した場合

Me.運送会社TableAdapter.InsertData( _
      運送会社:="赤猫", _
       電話番号:="0120-123-456" _
                                        )

名前付き引数を使用しない場合

名前付き引数を使わないのであれば以下の様な記載でも良い。
Me.運送会社TableAdapter.InsertData("赤猫", "0120-123-456")

当然、各引数となっているフィールドの値は、変数やコントロールの値を指定することができる。

スポンサードリンク

  

関連記事