超小心者でも大丈夫!WordPressのテスト環境を作ろう!まずはXAMPPのインストールと設定手順を紹介

インターネット上で運営しているWordPressのサイトをそっくりそのままの状態でローカル(自分のPCとか)にリストアして複製環境を作る方法について覚書。

ローカルに同じWordPressのサイトをリストアすれば、それをテスト環境として色々試すことができるようになります。

プラグインの動作確認やレイアウトの確認、記事の確認など、本番のサイトにアップする前にチェックやテストできる環境を作ることで公開しているサイトの不要なトラブルを未然に防ぐことができます。
スポンサードリンク


ローカルにリストアする前に必要な準備作業

ローカルにリストアする前に必要な作業を以下に記載します。

インターネット上に公開しているWordPressサイトのフルバックアップを採取


そのそれぞれをバックアップする必要がありますが、個別にやると色々と大変なので、WordPressのサイトをまるごとバックアップしてくれるプラグインの「BackWPup」を使ってバックアップします。

「BackWPup」の使い方については、この記事では省略しますが、「BackWPup」で採取したバックアップファイルをローカルにダウンロードして解凍しておきます。

「XAMPP」のインストール方法等については、以下の記事を参照してください。

WordPressをローカル環境にリストアする

インターネット上のWordPressのフルバックアップとXAMPP(WWWサービス、PHP、MySQL)環境を前提に説明をします。

ここでは、インターネット上のサイトURLをwww.test.netと仮定し、ローカルに作成するサイト名を「test.net」と仮定して説明します。

バックアップしたファイルをhtdocsフォルダに配置

XAMPPインストールフォルダ配下のhtdocsフォルダに"test.net"フォルダを作成し、そのフォルダにバックアップしたフォルダとファイルをコピーします。

パスとしては、"C:\xampp\htdocs\test.net"フォルダにバックアップしたフォルダ(wp-admin、wp-content、wp-includes)とファイルがコピーされている状態です。

MySQLにデータベースを作成する

MySQLに空のデータベースを作成します。

作成するデータベースの名前は、バックアップしたファイルにある"wp-config.php"ファイルの"define('DB_NAME'"で指定されているデータベースと同じ名前にします。

また、データベースを作成する際に指定する"照合順序"には、"utf8_general_ci"を指定します。

データベースのリストア

WordPressのバックアップファイルを解凍したフォルダの直下に"データベース名.sql"ファイルが有りますので、そのファイルを文字コードUTF8で開けるエディタで開きます。

エディタがメモ帳しかない場合は、サクラエディタでもインストールしてもらえばよいです。

"データベース名.sql"ファイルをエディタで開いたら文字列置換機能を使って以下のように文字列を変換し、上書き保存します。

置換前

www.test.net

置換後

localhost/test.net

MySQLの管理画面から、作成した空のデータベースを指定して文字列置換後の"データベース名.sql"ファイルをインポートします。

これでデータベースがローカル環境にリストアされたことになります。

"wp-config.php"ファイルの編集

バックアップを解凍してできたフォルダの直下に"wp-config.php"というファイル名のファイルがありますので、その中身をローカルの環境に合わせて編集する必要があります。

まず最初に"wp-config.php"ファイルのデータベースへのログインユーザー名を編集します。

ここでのログインユーザー名は、WordPressへのログインユーザー名ではなく、ローカルのデータベース(MySQL)に対するログインユーザー名となります。
例えば、MySQLへのログインユーザー名が"root"であるなら以下のように編集します。

define('DB_USER', 'root');

次に上記で指定したユーザーでデータベースへログインする際のパスワードを指定します。
例えば、"root"ユーザーのパスワードが"password"であるなら以下のようになります。

define('DB_PASSWORD', 'password');

次にデーベースのホスト名の指定を編集します。
通常であれば"localhost"で良いので以下のように編集します。

define('DB_HOST', 'localhost');

上記の編集が終了したら"wp-config.php"ファイルを上書き保存します。

".htaccess"ファイルの編集

バックアップを解凍してできたフォルダの直下に".htaccess"という名前のファイルが有りますので、その中身をローカルの環境に合わせて編集します。

まず最初に、「# BEGIN WordPress」 から 「# END WordPress」までの行を残して、それ以外の記載を全て削除します。

次に"RewriteBase /"という記載を、"RewriteBase /ローカルのサイト名/"に変更します。
例えばローカルに作成するサイト名を「test.net」と仮定した場合、記載は以下のようになります。

RewriteBase /test.net/

次に"RewriteRule . /index.php [L]"という記載を、"RewriteRule . /サイト名/index.php [L]"に変更します。
例えばローカルに作成するサイト名を「test.net」と仮定した場合、記載は以下のようになります。

RewriteRule . /test.net/index.php [L]

編集が終了したら上書き保存します。

以上でインターネット上のWordPressサイトをそっくりそのままの状態でローカル環境にリストアできたはずです。

ローカル環境のURLは、http://localhost/サイト名 となります。
例えばローカルに作成するサイト名を「test.net」と仮定した場合、ローカル環境のWordPressのURLは以下のURLとなります。

http://localhost/test.net

WordPressにログインする際のユーザー名とパスワードは、インターネット上のWordPressサイトと同じです。

まとめ

インターネット上のWordPressサイトをローカル環境にリストアして複製する方法についてほんとに雑にざっくりと書きました。

画面ショットや各ステップの詳細手順もなく、経験のない人にはとても不親切な記事になってしまいましたが、とりあえず自分が忘れないうちに記録しておきたかったためとりあえず覚書きしました。

何れ時間があるときに詳細に書き直してわかりやすい記事にしたいと思っています。
スポンサードリンク

  

関連記事