超小心者でも大丈夫!WordPressのテスト環境を作ろう!まずはXAMPPのインストールと設定手順を紹介

ローカル(自分のPC)にWordPressのテスト環境を構築するのに必要なソフトウェアのインストール、設定について覚書。

まずはWordPressのインストール、動作に必要なWeb、MySQL(MeriaDB)、PHPがセットでインストールできるXAMPPのインストールと必要な設定手順を紹介します。

WordPressのテスト環境があると実際に運営しているWordPressに変更を加える前に動作確認などができて大変便利です。

テスト環境であればプラグインの動作確認やテーマテンプレートの変更などでトラブルが発生しても実際に運営しているブログには影響がないため、色々なことを気軽に試すことができるようになります。
スポンサードリンク


WordPressのテスト環境の構築について

WordPressのテスト環境を作ろうとした場合、2つの方法があります。

この記事で紹介する自分のPCにテスト環境を構築する方法とWordPressが使用できる無料のレンタルサーバーサービスを使う方法です。

無料のレンタルサーバーサービスについては、いくつかありますので内容の比較等をした別の記事で紹介します。

今回は自分のPCにWordPressをインストールするのに必要な環境を構築し、必要な設定を行う手順を紹介します。

作成したWordPressのテスト環境にWordPressをインストールする方法については、別の記事で引き続き紹介します。

XAMPPについて

WordPressをインストールする環境には、Webサーバー(apache)、データベース(MySQL)、PHPスクリプトが動作する環境が必要となります。

XAMPPは、それらをセットにして一括してインストールでき、データベースの管理ツールであるphpMyAdminも使える非常に便利なツールです。

かなり昔にWindows XPにXAMPPをインストールする記事を書いたのですが、情報がだいぶ古くなってしまったので改めて記事にしました。

XAMPPのダウンロードとインストール

XAMPPのインストールプログラムのダウンロードとインストール手順を以下に紹介します。

  1. XAMPPのWebサイトをブラウザで開き、Webサイトの中段くらいにある「ダウンロード」欄の「Windows向けXAMPP」をクリックします。


  2. XAMPPのダウンロードが開始されますので、ダウンロードが終了したらダブルクリックしてダウンロードしたインストールプログラムを実行します。



    OSのセキュリティ設定によっては以下の警告が表示されますが、そのまま[OK]をクリックして続けます。


  3. XAMPPの[Setup - XAMPP]画面が表示されるので[Next >]をクリックします。


  4. [Select Components]画面が表示されるので、Apache、MySQL、PHP、phpMyAdminのみチェックを付けて[Next >]をクリックします。

    ※全てチェックが付いた状態でもかまいませんが、WordPressのテスト環境に必要なものだけチェックしています。

  5. [Installation folder]画面が表示されるのでデフォルトの"C:\xampp"のまま[Next >]をクリックします。
    ※インストール先フォルダの指定は任意です。


  6. [Bitnami for XAMPP]画面が表示されるので[Learn more about Bitnami for XAMPP]のチェックをオフにして[Next >]をクリックします。


  7. [Ready to Install]画面が表示されるのでそのまま[Next >]をクリックします。


  8. XAMPPのインストールが開始されます。


  9. XAMPPのインストールが終了し、[Completing the XAMPP Setup Wizard]画面が表示されたら[Do you want to start the Control Panel now ?]をオンにして[Finish]をクリックします。


  10. [Finish]クリック後に以下のような[Language](言語選択)画面が表示されたらアメリカ国旗をオンにして[Save]をクリックします。


  11. 以下のように[XAMPP Contorol Panel]が起動してきます。


以上でXAMPPのインストールは完了です。

ApacheとMySQL(MeriaDB)の起動

XAMPPのインストールが終了したらApacheとMySQLが起動できるか確認します。

手順は以下のとおりです。

  1. [XAMPP Contorol Panel]の"Apache"の右にある[Start]ボタンをクリックします。


    以下のような「Windows セキュリティの重要な警告」画面が表示さたら[アクセスを許可する]をクリックします。


  2. 以下の画面のように"Apache"がグリーンになって、[XAMPP Contorol Panel]のログ画面に「[Apache] Status change detected:running」が表示されればApacheが正常に起動されたことになります。


  3. 次に"MySQL"の右にある[Start]ボタンをクリックします。


    以下のような「Windows セキュリティの重要な警告」画面が表示さたら[アクセスを許可する]をクリックします。


  4. 以下の画面のように"MySQL"がグリーンになって、[XAMPP Contorol Panel]のログ画面に「[mysql] Status change detected:running」が表示されればMySQLが正常に起動されたことになります。



以上でApacheとMySQLの起動確認は終了です。

Apache起動時にエラーが出て起動できない場合の原因

Apacheを起動した際に以下の様なメッセージが表示されて起動出来な場合があります。
Problem detected!
[Apache] 	Port 80 in use by "Unable to open process" with PID 4!
[Apache] 	Apache WILL NOT start without the configured ports free!
Apacheはデフォルトでは80ポートを使用しますが、Internet Information Server(IIS)やSkypeなど、すでに80ポートを使用しているアプリケーションが起動している場合、使用するポート番号が競合して起動できません。

その際は、80ポートを使用しているアプリケーションを特定してそのアプリケーションの使用ポート番号を変更するか、Apache側の使用ポート番号を変更する必要があります。

80ポートを使用しているアプリケーションの特定方法やApacheの使用ポート番号を変更する方法については別の記事で紹介します。

XAMPPの設定

XAMPPの設定というよりは、デフォルトではパスワードがかかっていないMySQLにrootユーザーのパスワードを設定する手順です。

ローカルのテスト環境なので、パスワードを設定しなくても良いといえば良いのですが、パスワードを設定しないとphpMyAdminで警告が出て少しうざいのできちんと設定します。

以下にMySQLにrootユーザーのログインパスワードを設定する手順を記載します。

  1. [XAMPP Contorol Panel]の右側に並んだボタンから[Shell]をクリックします。


  2. DOSコマンドプロンプト画面が開くので以下のコマンドを入力し、[Enter]を押します。
    mysqladmin --user=root password "任意のパスワード"
    ※手順の例ではパスワードを"password"にしています。



  3. きちんとパスワードが設定されたか確認するため、以下のコマンドを入力し[Enter]を押します。
    mysqladmin --user=root --password=設定したパスワード -e "SELECT 1+1"

    以下の画面のように表示されればパスワードがきちんと設定されていることになるので、DOSコマンドプロンプト画面は[X]ボタンをクリックして閉じてください。


以上でMySQLのログインパスワードの変更は終了です。

phpMyAdminのパスワード変更

phpMyAdminの設定ファイルに上記のXAMPPの設定手順で設定したパスワードを設定します。
手順は以下のとおりです。

  1. "c:\xampp\phpMyAdmin"フォルダにある"config.inc.php"ファイルを開きます。
    ※サクラエディタなど文字コードをUTF8に指定して開けるエディタがインストールされている際はそのエディタで開くとわかりやすいです。



  2. "config.inc.php"ファイルが開いたら"['password'] = '';"の部分を"['password'] = '設定したパスワード';"に変更して上書き保存します。


  3. [XAMPP Contorol Panel]の"MySQL"の右にある[Admin]ボタンをクリックします。


  4. 以下の画面のようにphpMyAdminの画面が正常に開けばOKです。

phpMyAdminについて

phpMyAdminは、XAMPPでインストールされたMySQLの管理ツールです。

Webベースで動作するためブラウザから管理作業ができます。

WordPressをインストールする際には、phpMyAdminを使用してあらかじめWordPressで使用するDBを作成します。

WordPressのインストールの詳細については別の記事で紹介しますので、まずはphpMyAdmin管理画面が正常に開けばOKです。

XAMPPのインストールと設定手順のまとめ

XAMPPのインストールと設定については特にそれほど難しいところはないかと思いますが、Apacheが使用する80ポートをInternet Information Server(IIS)やSkypeなど別のアプリがすでに使用していると少し面倒なことになります。

IISやSkypeがインストールされていなければ特に問題なく手順通りに進むはずです。

WordPressのテスト環境を作成するための基本的な環境の構築はこれで完了となるので、次は構築した環境にWordPressをインストールする手順について別記事で紹介したいと思います。
スポンサードリンク

  

関連記事