フリーソフトロゴ

フリーソフト紹介第3弾。

今回は、とても重要なバックアップ系のフリーソフトを覚書。
壊れた時に後悔しても遅いので日々のバックアップはとても重要です。

システムを大きく変更する前にシステムのイメージそのものを丸ごとバックアップして、日々のバックアップは更新のかかったものやメールボックスなどをバックアップして、バックアップが終了したらOSをそのままシャットダウンという感じです。

それぞれの用途ごとに使うバックアップソフトを使い分けています。
スポンサードリンク


システムバックアップソフトMacrium Reflect Free Edition

Macrium Reflect Free Editionは、OSが動作中でも指定したディスクやパーティションまるごとバックアップしてくれるフリーソフト

システムそのものを1つのイメージとしてバックアップしてくれるのでPCがクラッシュした際にシステムをまるごと元に戻せる

また、作成したバックアップイメージをマウントしてイメージ内のファイルを操作できたりもする。
CDブート用のCDを作成しておけば、PCがクラッシュしてOSが起動しなくてもCDブートしてイメージを指定すればシステムがまるごと元通りになる。

当然バックアップを取った時点での状態にしか戻らないので、個々の大事なファイルは個別にバックアップを取る必要があるけど、フリーでかつOS動作中でもバックアップが取れるのでとてもありがたい。

Macrium Reflect Free Editionダウンロードリンク

・Macrium Reflect Free Editionダウンロードリンク(TECHSPOT)
・Macrium Reflect Free Editionダウンロードリンク(MAJOR GEEKS)

フリーではなくなってしまったかもしれない...

ファイルバックアップ(ミラー)ソフト

システムのバックアップは、上記のMacrium Reflectを使用しているけれど、システムをバックアップを取った時点までまるっと戻すだけで、個々のファイルは常に最新の状態をバックアップする必要がある。

今のところRealSyncとBunbackupの2つを使用している。

RealSync

指定したフォルダを別の場所にミラーしてくれる。
差分のみ更新してくれるので更新されていないファイルはバックアップ対象外となるため、最小限の時間でバックアップが可能。

バックアップが終了したらそのままOSをシャットダウンしてくれたりもする。

RealSyncダウンロードリンク

・RealSyncダウンロードリンク(作者サイト)
・RealSyncダウンロードリンク(Vector)

Bunbackup

機能面ではBunbackupのがRealSyncよりも豊富。

差分更新もできるし、バックアップ除外設定なども出来る。

RealSyncとどっちがいいかはどこまで細かくバックアップを取るかによる感じかな。

Bunbackupダウンロードリンク

・Bunbackupダウンロードリンク(作者サイト)
・Bunbackupダウンロードリンク(窓の杜)
・Bunbackupダウンロードリンク(Vector)

MozBackup

Thunderbirdのメールアカウント設定のバックアップを取る際にのみ使用。

MozBackupダウンロードリンク

MozBackupダウンロードリンク(MozBackup Japanese Installer)

スポンサードリンク

  

関連記事