iPhone

今はコントロールセンターがあるので昔ほど重要ではなくなってしまったかもしれませんが、設定のON/OFFを簡単に切り替えるようにしてくれるSBSettingsは、私にとってこれを使いたいがための脱獄と言っても過言ではありませんでした。

SBSettingsとActivatorを組み合わせて使うことで、ステータスバーをクリックしてSBSettingsを表示させてWi-FiのON/OFFを瞬時に切り替えられるようになることは、イマイチ痒いところに手が届かないように感じていたiPhoneの操作性を格段に向上してくれました。

SBSettingsは、各種設定のON/OFFを簡単に切り替えることができるようになるだけでなく、アプリなどをSBSettingsのトグル(ボタン)に登録することにより、色んなことをSBSettingsから瞬時に簡単に行うことができるようになります。

コントロールセンターが搭載された今でもSBSettingsは私にとって必須の脱獄アプリです。

あ、SBSettingsをインストールする前にSBSettingsをジェスチャーで呼び出せるようにするためのActivatorをインストールしておきましょう!
スポンサードリンク


SBSettingsとは?

SBSettingsは、アプリの切替などを行わず今見ている画面から呼び出すことができ、各種設定のON/OFFを簡単に切り替えることができる脱獄アプリです。
ちなみにこんな画面がにゅるっとでてきます。

SBSettings

設定のON/OFFは、SBSettings上に配置されたトグル(ボタン)をタップすることでON/OFFを切り替えられます。
例えば、以前は(コントロールセンターがなかった時代)Wi-FiのON/OFFを切り替えようと思った時の操作は、ホーム画面に戻って設定からWi-FiのON/OFFを切り替える必要がありましたが、SBSettingsがあれば今の画面から呼び出して画面を切り替えることなくON/OFFができるようになります。

また、各種設定のON/OFFだけでなく、Dock機能からよく使うアプリをすぐに起動したり、SBSettingsに対応しているアプリであれば直接SBSettingsのトグルから呼び出すこともきます。

例えば、コピー(クリップボード)の履歴管理ができるPBStackerをトグル登録しておけば、アプリからSBSettingsを呼び出してPBStackerトグルをタップしてコピー履歴から過去にコピーした文字列をアプリにそのまま直接貼り付けることができたりとかなり便利な使い方ができます。

例えば、メモ帳を開いている上で、
メモ帳を開いている時に

SBSettingsを呼び出してPBStackerトグルをタップ。
SBSettingsを呼び出す

コピー履歴が表示されるので、貼り付けたい文字列を選択。
PBStackerトグルをタップしてコピー履歴を呼び出す

アプリを切り替えることなく文字列をアプリに貼付け!
貼り付けたい文字列を選択して貼付け

今使っているアプリから切り替えることなく色々な操作ができるようになるため、iPhoneの操作性を格段に向上してくれること間違いなしです!

SBSettingsのインストール

  1. インストール手順は以下のとおりです。(リポジトリの登録は必要ありません)
  2. Cydiaを起動し、下部メニューの[Search]をクリックして検索画面を表示する。
  3. 検索ボックスに SBSettings と入力する。
  4. 検索ボックスに入力した時点でリストに SBSettings が表示されるので、タップします。
  5. [Details]画面が表示されるので、右上の[Install]をタップします。
  6. [Confirm]画面が表示されるので、右上の[Confirm]をタップします。
  7. インストールが開始され、終了すると[Respring]ボタンが表示されるので、タップしてRespringを実行します。
以上で SBSettings のインストールは終了です。

SBSettingsの呼び出し/終了方法

まずSBSettingsの呼び出しですが、デフォルトではステータスバーを右→左もしくは、左→右にスワイプするとにゅるっと出てきます。

SBSettings

SBSettingsの設定自体にも呼び出し方の設定がありますが、ActivatorをインストールしているならばActivatorで好みの方法で呼び出せるように設定すればよいでしょう。

表示されたSBSettingsを閉じるには、ステータスバーを1回タップするかSBSettings画面の左上の[X]ボタンをタップしてください。

SBSettingsの画面(各種トグル)説明

デフォルトで表示される各種トグルは、iPhoneの各設定をON/OFFするためのトグルなので割愛しますが、画面中央から少し下部に表示されている5つの小さいトグルについて説明しておきます。
トグル名 機能
More SBSettingsの設定画面を呼び出します。
Refresh 画面下部に表示されているIPアドレスなどの端末情報を更新します。
Dock Dock(アプリのランチャ)を呼び出します。
Respring リスプリングを実行します。(iPhoneの動作がもっさりし始めたと感じたら実行してみましょう)
Power 電源OFFや再起動などのができます。

SBSettingsの設定について

SBSettingsの各種設定について簡単に説明しておきます。
  • SBSettings Setup
設定項目名 設定内容
Show Icon SBSettingsの設定画面を呼び出すアイコンをホーム画面に表示する/しないの設定です。
SBSettings Options ステータスバーの各種表示項目のカスタマイズとSBSettingsの表示設定です。
Changes SBSettingsの変更履歴(バージョン履歴)を表示します。
Get More Toggles 公開されている便利なトグルをゲットするページに移動します。
  • Dropdown Window
設定項目名 設定内容
Disable Window SBSettings画面を表示する/しないを切り替えます。
Set Window Toggles トグルの表示/非表示やトグルの並び替えができます。
Activation Methods SBSettingsを呼び出すジェスチャーの設定です。
Dropdown Window Theme SBSettingsの外観(テーマ)の設定です。
Dock Applications Dockに登録するアプリを選択できます。
  • iOS 5+ Notification
iOS5から搭載された通知センターにSBSettingsを表示する/しない、表示する場合の設定が行えます。
設定項目名 設定内容
Disable Toggles オンにすると通知センターにSBSettingsが表示されません。
Separate List SBSettingsを通常表示させた場合のトグルリストと通知センターのトグルリストを別々のものにするかどうかの設定です。
Using Windows Toggles 上記「Separate List」をオフにするとこの設定になります。つまり通常のトグルリスト=通知センターのトグルリストとなります。
Notification Theme 通知センターに表示する見た目の変更ができます。
Notification Options 通知センターに表示する項目の設定ができます。


他にもホーム画面のアイコンを非表示にするオプションを含むSystem Optionsがありますが、割愛します。
通知センターが搭載された今でも絶対に手放せない必須の脱獄アプリです!
スポンサードリンク

  

関連記事