windows7_logo.jpg

通常、Windows起動時にはNumLockキーは、オフの状態で起動する。

Windowsのログオンパスワードに数字を使ったパスワードを設定してたりすると、ついついNumLockをオンにするのを忘れてテンキーで数字を入力してEnterキー押しちゃって、パスワードが違いますってことになる。

で、NumLockをオンにしてないことに気づいてNumLockをオンにして最初からパスワード入れ直し。

だからレジストリいじって最初からNumLockがオンの状態で起動させたい。

Windowsの設定を細かに変更するGUIベースのフリーソフトがたくさんあって、それらを使ってもできるけど、NumLockを起動時に自動的にオンにするくらいはレジストリいじればすぐできる。

ということで、Windows起動時にNumLockをオンにする方法を覚書。
スポンサードリンク


レジストリ操作に慣れてる人向けに簡潔に変更するキーと値を先に記述しておく。
慣れてないという人は、後述する操作手順を参照。
簡単とはいえ、レジストリいじるので以降は自己責任ということで。
変更するレジストリ
レジストリパス:HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\Keyboard
レジストリキー:InitialKeyboardIndicators
値:2

HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\KeyboardのInitialKeyboardIndicatorsの値を"2"に変更すればよい。

以下操作手順の詳細
  1. [スタート]ボタンをクリックして、[ファイル名を指定して実行]をクリック。

  2. [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスが表示されるので、[名前]ボックスに"regedit"と入力して[OK]をクリック。

  3. レジストリエディタが起動するので、左側のツリーのフォルダを以下の順番でダブルクリックして展開する。
    [HKEY_USERS] → [.DEFAULT] → [Control Panel] → [Keyboard]

  4. 画面右側のキーの一覧から[InitialKeyboardIndicators]をダブルクリック。

  5. [文字列の編集]ダイアログボックスが表示されるので、[値のデータ]を"2"に変更して[OK]をクリック。
以上で終了。
レジストリエディタも終了する。
以降、起動時にNumLockが自動的にオンになる。
スポンサードリンク

  

関連記事

 カテゴリ
 タグ