VBScript:VBScriptのファイル(XXX.vbs)を実行すると「"スクリプト エンジン VBScript"が見つかりません」エラーが発生する際の対処方法

VBScriptが記述された拡張子".vbs"のファイルを実行すると「スクリプト "XXX.vbs" のスクリプト エンジン "VBScript"が見つかりません」というエラーが発生したときの対処方法を覚書。
スポンサードリンク


「"スクリプト エンジン VBScript"が見つかりません」

あるアンチウィルスソフトをアンインストールした際にこのエラーが発生するようになりました。

JavaScriptも動作しなくなってしまいました。

VBScript対処方法

VBScriptのDLLファイルとJavaScriptのDLLファイルを再登録したところ、問題なく動作するようになりました。

以下に対処方法として行ったVBScriptとJavaScriptのDLLの再登録手順について記述します。

  1. [スタート]メニューから[プログラム]をポイントし、さらに[アクセサリ]をポイントして[コマンドプロンプト]をクリックして[コマンドプロンプト]を起動する。

  2. コマンドプロンプトを起動したら以下のコマンドを入力して[Enter]を押す。
    
    regsvr32 -u vbscript.dll
    
    
    このコマンドを実行した際にもエラーが出ますが、それは無視してください。

  3. 続けて次のコマンドを入力して[Enter]を押す。
    
    regsvr32 vbscript.dll
    
    

    以下のメッセージが表示されます。

    「vbscript.dllのDllRegisterServerは成功しました。」

このメッセージが表示されればVBScriptの再登録が成功したことになるので、エラーが発生したプログラムを実行してエラーが発せずに正常に実行できるか確認してください。

JavaScript対処方法

JavaScriptの場合もVBScriptと同じ手順になりますが、対象のDLLが異なります。

JavaScriptのDLLファイル名は、"jscript.dll"なのでVBScriptの時と同様に以下のコマンドを実行して一度登録を解除します。

regsvr32 -u jscript.dll

エラーが出ても無視して以下のコマンドを実行します。

regsvr32 jscript.dll

以上で終了です。

スポンサードリンク

  

関連記事