「Primo Online」は、webサイト上にファイルのパスやwebページのURLを指定するとPDFに変換して、変換されたPDFファイルを指定したアドレスにメールで送ってくれるサービス。

ドキュメントやwebページをPDFに変換するためのフリーの仮想プリンタソフトもたくさんあるけど、PDFに変換するためのソフトが入ってなくてもインターネットにつなげられる状態ならPDF変換ができる。
もちろんメールを受け取れないとだめだけど。
送信先をGmailなどのwebメールのアドレスにしておけば、メールクライアントもいらない。

以下「Primo Online」の使い方の説明。
スポンサードリンク


  1. 以下のサイトにアクセスする。
    Free Online PDF Creator 「Primo Online」


  2. [Enter your email address]に変換されたPDFファイルの送信先メールアドレスを入力する。


  3. [Convert from]に変換対象を指定する。
    ファイルの場合は、[File]をオンにして、webページの場合は、[URL]をオンにする。


  4. [File]を選んだなら、[参照]ボタンをクリックして表示される[ファイルのアップロード]ダイアログボックスからPDF変換したいファイルのファイル名を含めたフルパスを指定する。
    [URL]を選んだ場合は、テキストボックスに変換したwebページのURLを入力する。


  5. 入力したら[Create PDF]ボタンをクリックする。
    Free Online PDF Creator 「Primo Online」


  6. 「PrimoOnline has successfully converted your file!」と書かれたページが表示されれば完了なのでwebページは閉じてかまわない。
    Free Online PDF Creator 「Primo Online」


  7. PDF変換が終わると以下のようなメールが指定したメールアドレスに送られてくる。
    Free Online PDF Creator 「Primo Online」


  8. メールを開くと、PDF変換されたファイルが添付されている。
    Free Online PDF Creator 「Primo Online」


  9. 変換されたPDFファイルを開いたみたところ。
    Free Online PDF Creator 「Primo Online」
    きちんと変換されている。
細かい設定はできないが、まぁ、お気に入りに入れておけば何かの時に役に立つかも。

そもそもインターネットにつなげられるならPDF変換用のフリーソフトダウンロードして使えばいいじゃんとも思うけど、会社のPCとかでソフトウェアのインストールが制限されているとか、そんな事情でソフトをインストールできない時には使えるかもね。
スポンサードリンク

  

関連記事

 カテゴリ