本記事で紹介する「KanjiTranslator」は、複数のファイルを指定した文字コード(UTF-8 BOM付き/無し、Shift_JIS、EUC-JP、JIS ISO2022-JP)に一括で変換してくれる便利なフリーソフト。
操作も簡単で、変換したいファイルを「KanjiTranslator」のウィンドウにドラッグ&ドロップして、変換したい文字コードを選択して[変換]ボタンをクリックするだけ。
オープンソース系のシステムを使用するときに必要なときがちょくちょくあって愛用している。

以下「KanjiTranslator」のダウンロードサイトと簡単な操作方法の説明。
スポンサードリンク


ダウンロードサイト:kashim.com
「KanjiTranslator」のダウンロードページ:http://www.kashim.com/kanjitranslator/index.html

上記ダウンロードページから「KanjiTranslator」をダウンロードして解凍する。

解凍したら「KanjiTranslator.exe」をダブルクリックするだけ。
複数のファイルを一括で指定した文字コード変換してくれる便利なフリーソフト「KanjiTranslator」

「KanjiTranslator」の画面
複数のファイルを一括で指定した文字コード変換してくれる便利なフリーソフト「KanjiTranslator」

変換したいファイルをウィンドウにドラッグ&ドロップする。
複数のファイルを一括で指定した文字コード変換してくれる便利なフリーソフト「KanjiTranslator」

変換したい文字コードと改行の変換方法を選択。
複数のファイルを一括で指定した文字コード変換してくれる便利なフリーソフト「KanjiTranslator」

[変換]ボタンをクリック。
複数のファイルを一括で指定した文字コード変換してくれる便利なフリーソフト「KanjiTranslator」
変換終了。

対応文字コードは、以下のとおり。
UTF-8(BOM付き/無し)
Shift_JIS
EUC-JP
JIS ISO2022-JP
の4種類

海外製のホームページのテンプレートやオープンソースの日本語言語パッケージなどをShift_JISやUTF-8に変換するときなどに使用している。
複数ファイルを一括して変換してくれるのでとても便利。
機能も操作方法もシンプルでとても良い。
スポンサードリンク

  

関連記事