vba-geek.jp は、サーバー移転に伴い https://selifelog.com にリニューアルされました。 自動的に https://selifelog.com にリダイレクトされます。
SQL Server

「SQL Server 2008 Express」で既存のテーブルのデザイン(設計)に変更を加えて、変更を保存しようとすると以下のメッセージが表示されて保存できない。

メッセージ:
変更の保存が許可されていません。行った変更には、次のテーブルを削除して再作成することが必要になります。

再作成できないテーブルに変更を行ったか、テーブルの再作成を必要とする変更を保存できないようにするオプションが有効になっています。

以下テーブルを再作成する必要がある変更を加えても保存できるようにするための設定手順を記述。

「変更の保存が許可されていません。」メッセージについて

テーブル設計を変更して保存しようとした際に以下のメッセージが表示される場合がある。

メッセージ

このメッセージは、「SQL Server 2008 Express」のデフォルト設定で、既存の列の"Identity"属性を変更するなどのテーブルの再作成が必要となる変更が加えられた場合は保存できないようにするように設定されているためである。

テーブルの設計変更を保存できるようにする方法

テーブルの再作成が必要となる変更を加えても変更を保存できるようにする方法をいかに記載する。

  1. 「Microsoft SQL Server Management Studio」を起動し、[ツール]メニューの[オプション]をクリックする。

  2. [オプション]ダイアログボックスが表示されるので、画面左のツリーから[デザイナ]を選択し、[+]をクリックする。

  3. [テーブル デザイナおよびデータベース デザイナ]をクリックし、画面右の[テーブルの再作成を必要とする変更を保存できないようにする]オプションをオフにする。
    SQL Server オプション

  4. チェックをオフにしたら[OK]をクリックして[オプション]ダイアログボックスを閉じて終了。

設定の場所を忘れそうなので覚書。


関連記事