vbscript_logo01.jpg

VBAでDOSコマンドを実行する方法はだいぶ以前に書いたが、VBScriptで実行する方法は書き忘れていたようなので今更ながら覚書。

VBAでDOSコマンドを実行する方法と全くかわらないが、"VBScript"で検索すると引っかからないので覚書しておく。

以下サンプルプログラムと簡単な構文説明。
スポンサードリンク


VBScriptでDOSのコマンドを実行する際の構文

VBScriptでDOSのコマンドを実行する際の構文は以下のとおり

WScript.Shellオブジェクト名.Run "実行するコマンド",ウィンドウサイズ指定,同期モード指定

実行時のWindowsサイズの指定について

ウィンドウサイズの指定は、コマンド実行時のウィンドウサイズを数値で指定する。
指定できる値 実行時のウィンドウサイズ(状態)
0 非表示
1 通常ウィンドウ
2 最小化
3 最大化

VBScriptでDOSコマンドを実行した際の同期、非同期の指定について

通常DOSコマンドをスクリプトで実行すると非同期、つまり実行したコマンドの終了を待たずに次のコードが実行される。

DOSのコマンドの実行が終了するのを待って次のコードを実行したい場合は、同期モードの指定に"True"を指定する。

以下のサンプルプログラムは、VBScriptでDOSコマンドの"ipconfig /all"を実行し、その結果を"ip.txt"という名前のテキストファイルでCドライブのルートに保存する。

実行中DOS窓は非表示(0)に指定。

Set objShell = CreateObject("WScript.Shell")
objShell.Run "cmd /c ipconfig /all > c:\ip.txt",0,false


スポンサードリンク

  

関連記事

 カテゴリ