あまりアプリケーションがセットアップされていないようなクリーンな環境にORACLEのInstant ClientをセットアップしてODBCのデータソースを作ろうとすると、ドライバの選択画面で以下のようなエラーメッセージが表示されるときがある。

「ODBCドライバのセットアッププログラムを読み込むことができません(システムエラーコード126)」

このエラーメッセージが表示されたときの原因と対処方法について記述する。
スポンサードリンク


[ODBC データソース アドミニストレータ]でORACLEのODBCドライバを選択した時にこのエラーメッセージが表示される場合の原因として、"mfc71.dll"、"msvcp71.dll"、"msvcr71.dll"の3つのファイルがシステムに存在しないことが考えられる。(今のところこれ以外の原因でこのエラーメッセージに遭遇したことがないので...)
もし、PCのファイル検索でこの3つのファイルが見つからなかったら、"mfc71.dll"、"msvcp71.dll"、"msvcr71.dll"の3つのファイルを入手してOSのシステムディレクトリ"c:\windows\system32"に保存すればよい。
以下各ファイルの入手先。

"msvcp71.dll"と"msvcr71.dll"
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se435079.html

"mfc71.dll"
Microsoftの「Microsoft .NET Framework Version 1.1 再頒布可能パッケージ」をセットアップする。

他のPCに同様のファイルがあればそれをコピーすればいいんだけど、それが許されているかどうかは未確認なので一応きちんとした配布先を記述しておいた。
3つのファイルの入手したらOSのシステムフォルダである"c:\windows\system32"に保存する。
これでORACLEのODBCドライバの設定画面がきちんと表示されるようになる。
スポンサードリンク

  

関連記事

 カテゴリ
 タグ