「Instant Client」は、ORACLEが提供している無料のORACLE接続用クライアントソフトウェアです。
「Instant Client」をセットアップすれば、これまでのように標準のOracle Clientをインストールせずに、またはORACLE_HOMEがなくてもアプリケーションを実行できる。

ORACLEのホームページの記載によると、
「OCI、OCCI、ODBC、およびJDBCアプリケーションが修正なしに動作するほか、使用するディスク領域もこれまでより大幅に減ります。Instant ClientとともにSQL*Plusも使用できます。再コンパイルも不要です。」
だそうです。

ODBCドライバも配布されているので、AccessやExcel、VBからODBC接続でORACLEに接続したいなんていう時にも「Instant Client」をセットアップしておけば問題なく接続できます。

今回は、「Instant Client」をセットアップして、SQL*PlusとODBC接続ができるまでの手順を紹介します。
以下、「Instant Client」の入手方法とセットアップ手順を説明します。(Windows XP 32bit)
スポンサードリンク



  1. ORACLEの「Instant Client」ダウンロードサイトにアクセスします。
    URL:http://www.oracle.com/technology/global/jp/tech/oci/instantclient/instantclient.html
    ORACLE Technology Network ホームページ


  2. プラットフォーム(OS)ごとのダウンロードリンクがあるので、「Microsoft Windows 32-bit」の右にある[ダウンロード]をクリックします。
    ダウンロードリンク


  3. ダウンロードページが表示されるので[ライセンスに同意する]のオプションをクリックします。
    ライセンスに同意


  4. 最初に「Instant Clientパッケージ - 基本」をダウンロードするので、[instantclient-basic-win32-10.2.0.3-20061115.zip]をクリックします。
    zipファイルのダウンロード


  5. ログインページが表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力して[ログイン]をクリックします。
    プロファイルをまだ登録していない場合は、新規のプロファイル登録を行って、ユーザー名とパスワードを取得します。
    サイトにログイン


  6. [ファイルのダウンロード]ダイアログボックスが表示されるので、適当な場所にダウンロードします。
    ダウンロード開始


  7. 次に「SQL*Plus」を実行するために必要な「Instant Clientパッケージ - SQL*Plus」をダウンロードします。
    [instantclient-sqlplus-win32-10.2.0.3-20061115.zip]をクリックして適当な場所にダウンロードします。


  8. 最後にODBC接続をするために必要な「Instant Clientパッケージ - ODBC」をダウンロードします。
    [instantclient-odbc-win32-10.2.0.3-20061115.zip]をクリックして適当な場所にダウンロードします。


  9. ダウンロードしたそれぞれのzipファイルを解凍して、1つのフォルダにまとめます。
    ここでは、Cドライブの直下に新しく"oracle"というフォルダを作成し、解凍されたファイルを全てこのフォルダにに移動しました。("c:\oracle"になります。)
    解凍したファイルを1つにまとめて保存


  10. [マイコンピュータ]のプロパティを表示し、[詳細設定]タブをクリックし、[環境変数]ボタンをクリックします。


  11. [システム環境変数]に以下の設定を行います。
    "Path"に"c:\oracle"を追加。
    Pathの設定

    "TNS_ADMIN"を新規に追加し、[変数値]に"c:\oracle"を入力して[OK]をクリックします。
    TNS_ADMINの設定

    "NLS_LANG"を新規に追加し、[変数値]に"JAPANESE_JAPAN.JA16SJISTILDE"を入力して[OK]をクリックします。
    NLS_LANGの設定

    "NLS_LANG"の値については、各環境に合わせて変更してください。
    通常は、以下の設定でよいと思います。

    Windows系
    NLS_LANG = JAPANESE_JAPAN.JA16SJISTILDE
    UNIX系
    NLS_LANG = JAPANESE_JAPAN.JA16EUC

    環境変数の設定は以上です。


  12. 次にODBCドライバのセットアップを行うので、[コマンドプロンプト]を起動し、"c:\oracle"にカレントフォルダを移動します。


  13. 以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
    "odbc_install JA"


  14. コマンドプロンプトに"Oracle ODBC Driver is installed successfully."と表示されれば無事ODBCドライバのセットアップが完了です。
    ODBCドライバのセットアップ


  15. 次に"tnsnames.ora"ファイルを作成し、"c:\oracle"フォルダに保存します。
    すでにORACLEデータベースに接続している他のクライアントPCがあるなら、そのクライアントPCの"tnsnames.ora"をコピーしても構いません。
    "tnsnames.ora"ファイルの作成については、作成手順等が記述されたwebサイトが多数ありますので参考にしてください。


これでほぼすべての設定が終了しました。
次に動作確認をします。
スポンサードリンク

  

関連記事

 カテゴリ