webページでフォームに入力されたデータをチェックして、入力データに不備があった場合にSubmit(送信)をキャンセルしたい場合がる。
例えば、入力必須のテキストボックスにデータが入力されているかどうかチェックし、入力されていない場合は、メッセージを表示してSubmitをキャンセルするなどの処理をしたい場合などである。

以下サンプルプログラムと<form>タグの記述方法
スポンサードリンク


・<form>タグの記述例
<form name="fsample" method="post" action="result.htm" onsubmit="DataCheck()">
<input name="text1" type="text" />
</form>

"onsubmit"に指定されている"DataCheck()"は、入力されたデータをチェックしてSubmitの実行、キャンセルを行うプログラム。

・"DataCheck()"プログラムの記述例(<head>~</head>間に記述)
<script type="text/vbscript" charset="shift_jis">
function DataCheck()
if document.fsample.text1.value = "" then
msgbox "テキストボックスに何か文字を入力してください。"
window.event.returnValue = false
else
window.event.returnValue = true
end if
end function
</script>

単純な話、"window.event.returnValue = false"を実行すればSubmitをキャンセルできるということ。
スポンサードリンク

  

関連記事