msnet_logp1.jpg

Visual Studio 2005 で作成したアプリケーションを発行しようとしたところ、突然「SighToolはエラー」が発生するようになり、発行ができなくなってしまった。

以前発生した「SignToolで、キーセットがありません」エラーとは異なるメッセージで「setup.exeの署名に失敗しました」という内容のメッセージが表示されて発行ができない。

調べた結果、@ITに関連する記事があったので覚書しておく。
スポンサードリンク


エラーの原因と関連記事について

@ITで見つけた関連記事のURLを以下に記載。
@IT記事:ClickOnceのデジタル証明書を更新するには?[VS 2005のみ、2.0のみ、C#、VB]

エラーの原因等については、@ITの記事を見るとして、@ITの記事に記載されている対処方法には、Visual C++ 2005 を使ってRenewCert.exeなるアプリケーションを作成して証明書を更新するという方法。

はっきりいってめんどくさい。

誰か作って公開してくれてないかなーと思って検索したら、ダウンロードできるサイトを発見した。

個人のブログサイトみたいなので、いつまでダウンロードできるか不明。

一応記載しておくが、ウィルスチェックは忘れずに!

対処手順

RenewCert.exeを使って証明書を更新する対処手順を以下に記載する。

  1. このサイトの"Download: RenewCert.exe"をクリック。

  2. 発行するアプリケーションが保存されているフォルダにダウンロードしたRenewCert.exeを保存する。

  3. 発行するアプリケーションが保存されているフォルダに"xxx.pfx"というファイルがあることを確認する。
    (xxxは、アプリケーション名になっているはず)

  4. コマンドプロンプトを起動して、アプリケーションの保存フォルダに移動する。

  5. 以下のコマンドを実行

    renewcert xxx.pfx xxx_new.pfx "CN=xxx"

    CN="xxx"のxxxは、発行を行ったユーザーの名前、"マシン名\ログオン名"にする。

    わからない場合は、現在の証明書欄を見ればよい。

  6. xxx_new.pfxが作成されたことを確認したら、Visual Studio 2005を起動し、アプリケーションのプロジェクトを開く。

  7. プロジェクトのプロパティを表示し、[署名]タブをアクティブにする。

  8. [証明書]欄の右にある[ファイルから選択]をクリックする。

  9. [ファイルから選択]画面が表示されるので、作成した"xxx_new.pfx"選択して[開く]をクリックする。

  10. 有効期限が更新されていることを確認する。


以上で作業は終了。

renewcert.exe の使用方法は、前述した@ITの記事にも詳細が記述されているので、よくわからない場合はそちらを参照すること。

スポンサードリンク

  

関連記事