php

以下にWindows XPにPHP 5.2.5をセットアップする方法について記述する。

Step1では、PHPのモジュールのダウンロード、ファイルの展開、配置までを説明。

IISの設定および、PHPの設定は、STEP2以降で記述する。

以降、具体的な手順を記述。
スポンサードリンク



  1. PHPのダウンロードサイトを開く

  2. 「Windows BinariesのPHP 5.2.5 zip package」をクリックしてダウンロードページを開く
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  3. 「Japan」のjp.php.net をクリックし、PHPのzipパッケージをダウンロードする。
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  4. [ファイルのダウンロード]ダイアログボックスが表示されるので[保存]ボタンをクリックする。
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  5. [名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されるので、保存先を指定してzipパッケージを保存する。
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  6. ダウンロードしたzipパッケージを解凍する。
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  7. Cドライブの直下に"PHP"フォルダを作成する。(C:\PHP)
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  8. 解凍したzipパッケージのファイル全てをCドライブのPHPフォルダに移動する。
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  9. PHPフォルダ内のphp*.dll以外のDLLを"C:\Windows\system32"フォルダにコピーする。
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存
    php*.dll以外のDLLのコピーは、Windowsのファイル検索機能で"c:\php"フォルダを指定して"*.dll"を条件に検索をかける。
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

    名前の順に並び替えてファイル名の先頭に"php"がつかないファイルだけを指定してコピーすると簡単にできる。
    コピーするファイルは以下の通り。
    fdftk.dll
    fribidi.dll
    gds32.dll
    libeay32.dll
    libmcrypt.dll
    libmhash.dll
    libmysql.dll
    libswish-e.dll
    msql.dll
    ntwdblib.dll
    ssleay32.dll

  10. "C:\PHP"フォルダにあるphp.ini-distをメモ帳で開く。
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  11. メモ帳で開いたら、479行目あたりにある(メモ帳の[編集]の[検索]を使用すると簡単に見つかる。)「doc_root =」と書かれた行を以下のように変更する。
    doc_root = "C:/Inetpub/wwwroot"
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  12. 次に486行目あたりにある「extension_dir = "./"」と書かれた行を以下のように変更する。
    extension_dir = "c:/php/ext"
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  13. メモ帳の[ファイル]メニューの[名前をつけて保存]をクリックする。

  14. [名前をつけて保存]ダイアログボックスが開くので保存先に"C:\Windows"を指定し、ファイル名を"php.ini"に変更して[保存]をクリックしてメモ帳を閉じる。
    ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存

  15. 以上でPHPのダウンロードとファイルの展開は終了。
    現時点では、まだPHPが動作する状態ではない。
    以降IISでPHPに関する設定を説明。
スポンサードリンク

  

関連記事

 カテゴリ