Outlookの受信ボックス内のメールについて、受信時間、送信者(表示名)、件名、送信者アドレス、本文を取得してデバッグウィンドウに出力する簡単なサンプルプログラム。
参照設定がされていなくても実行できるようにCreateObjectを使用してオブジェクトを参照する。
実行時、セキュリティ上、プログラムがOutlookにアクセスしても良いかどうか確認するメッセージボックスが表示されるので[はい]を選択する。
メール1件ごとに確認メッセージが表示される。
以下にサンプルプログラムを記述。
スポンサードリンク


Sub Outlook_Test()
Dim olFolder, olSecFolder, olItem, olIndex As Long
Dim objOL, myNaSp

Set objOL = CreateObject("Outlook.Application")
Set myNaSp = objOL.GetNamespace("MAPI")

'指定している引数'6'は、定数'olFolderInbox'のこと
Set myFolder = myNaSp.GetDefaultFolder(6)

For olIndex = 1 To myFolder.Items.Count
Set myItem = myFolder.Items(olIndex)

Debug.Print myFolder
Debug.Print myItem.ReceivedTime
Debug.Print myItem.SenderName
Debug.Print myItem.Subject
Debug.Print myItem.SenderEmailAddress
Debug.Print myItem.Body
Next

End Sub
スポンサードリンク

  

関連記事

 カテゴリ