2009年06月の記事一覧

自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

月別アーカイブ:2009年06月

2009年06月の記事一覧。自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

Excel VBA
"Microsoft.XMLDOM"の勉強をしてた際に作成したVBAのサンプルプログラム。 指定したRSSフィード内容(タイトル、概要、詳細URL)をセルに出力する簡単なVBAサンプルプログラム。 応用として、Excelに記述した複数のRSSフィードを読み込んで別の表に出力するVBAのサンプルプログラムも作成してみた。 RSSフィードの名前とURLをExcelの表に記述しておくと、順番にそのRSSフィードを読み込んで、5件づつ「タイトル」、「概要」...

記事を読む

No Image

フリーソフト
フリーのテキストエディタ「Mery」は、シンプルでとっても使いやすい。 長らくかなり古いバージョンのEmEditorを使っていたけど、「Mery」に完全に乗り換えた。 「Mery」のこんなところが気に入ってEmEditorから乗り換えた。 [表示]メニューの[編集モード]からHTMLやJavaScriptを選べば、その言語仕様に対応した色付けをしてくれる。 [ウィンドウ]メニューの[タブを有効にする]を選択すれば複数同時に開いたファイルをタブ...

記事を読む

VBA共通
ADOを使って先頭行がヘッダー(フィールド名)になっていないCSVファイルを開く際のExcel、AccessのVBAサンプルプログラムを覚書。 ヘッダー(フィールド名)がない場合は、接続文字列に指定できる"Extended Properties"の値を設定することで対処できる。 ADOからCSVファイルに直接アクセスしてデータを操作するプログラムは、今までいくつか作ってきたので今更覚書するのもと思っていたが、今回久しぶりに日本郵便が配布して...

記事を読む

No Image

フリーソフト
今回は、フリーのマインドマップ作成ツール「DropMind」のデスクトップアプリケーション(フリーソフト)版のダウンロードとインストールおよび、初回起動時の設定手順について覚書する。 「DropMind」は、フリーソフトとしてスタンドアロン(インターネットにつながっていない状態)で動作するデスクトップアプリケーションとインターネット経由でwebベースでマインドマップの作成ができるフリーのwebサービスの両方が用意されている...

記事を読む

Excel VBA
webサービスAPIを使って、セルに入力された郵便番号を基に住所を表示するユーザー定義関数のサンプルプログラムです。 例えば、A1のセルに"1638001"と入力したら隣のセルに"東京都新宿区西新宿2丁目8-1"と表示する関数です。 郵便番号に"-"(ハイフン)が含まれていても動作するようになっています。 AccessのVBAでも使用できます。...

記事を読む

Windows全般
通常、Windows起動時にはNumLockキーは、オフの状態で起動する。 Windowsのログオンパスワードに数字を使ったパスワードを設定してたりすると、ついついNumLockをオンにするのを忘れてテンキーで数字を入力してEnterキー押しちゃって、パスワードが違いますってことになる。 で、NumLockをオンにしてないことに気づいてNumLockをオンにして最初からパスワード入れ直し。 だからレジストリいじって最初からNumLockがオンの...

記事を読む

No Image

フリーソフト
「MINDOMO Desktop Basic」は、前の記事で紹介したフリーのマインドマップ作成webサービス「MINDOMO」のクライアントソフト版。 AdobeのAIRベースで作成されたフリーソフト。 通常のアプリケーションと同様に起動でき、動作も軽快。 ただ残念なのは、ローカルに保存したマップを開いて再度ローカルに保存するということを無料版ではできないもよう。 「MINDOMO」のサーバーへ保存して、保存したマップを再度サーバーから開いて...

記事を読む

No Image

無料Webサービス
マインドマップ作成ツールでは、「XMind」が人気のようだが、この記事で紹介するフリーのwebサービス「MINDOMO」も負けていないと思う。 操作性やデザインセンスなども「XMind」に引けを取らず、またAdobeのAIRベースで作成されたフリーのデスクトップクライアントソフトも用意されているのでweb上でも、クライアントソフトを使ってもマインドマップの作成が可能。 もちろんフリーのクライアントソフトで作成したマインドマップ...

記事を読む

Excel VBA:Microsoft.XMLDOMを使ってRSSフィードの内容をセルに出力するVBAのサンプルプログラム

  •  投稿日:2009-06-29
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

"Microsoft.XMLDOM"の勉強をしてた際に作成したVBAのサンプルプログラム。

指定したRSSフィード内容(タイトル、概要、詳細URL)をセルに出力する簡単なVBAサンプルプログラム。

応用として、Excelに記述した複数のRSSフィードを読み込んで別の表に出力するVBAのサンプルプログラムも作成してみた。

RSSフィードの名前とURLをExcelの表に記述しておくと、順番にそのRSSフィードを読み込んで、5件づつ「タイトル」、「概要」、「詳細ページのURL」を別の表に順番に書き出すというもの。

使い道があるのかよくわからないけど、せっかく書いたので覚書しておく。

以下Excel VBAのプログラムを記述。(ちなみにちょっと変えればAccessでも使える。)

» 記事の続きを読む

シンプルだけどプラグインやマクロで機能拡張もできる使いやすいフリーのテキストエディタ「Mery」

フリーのテキストエディタ「Mery」は、シンプルでとっても使いやすい。
長らくかなり古いバージョンのEmEditorを使っていたけど、「Mery」に完全に乗り換えた。

「Mery」のこんなところが気に入ってEmEditorから乗り換えた。
  1. [表示]メニューの[編集モード]からHTMLやJavaScriptを選べば、その言語仕様に対応した色付けをしてくれる。
  2. [ウィンドウ]メニューの[タブを有効にする]を選択すれば複数同時に開いたファイルをタブで切り替えて編集できる。
  3. プラグインで機能を拡張できる。
  4. マクロ(JavaScript)機能がある。
  5. 不必要な機能がごてごてついてないからシンプルで軽い。
  6. レジストリ不使用だから安心。
  7. フリーソフトだから。
EmEditorでももちろんできることだけど、有料だしね。
文字コードを指定してファイルを読み込み直してくれたりする機能も当然付いているので、自分が使うテキストファイルとしての仕様を全部満たしていた。
唯一、全角、半角関係なしに文字数をカウントしてくれる機能がなかったんだけど、これは公開されているバイト数をカウントするマクロをちょこっと変更して簡単に作ることができた。
指定した文字種だけを全角/半角に変更してくれるプラグインもかなり便利。

ということで、以下にフリーのテキストエディタ「Mery」の簡単な紹介。

» 記事の続きを読む

VBA共通:ADOを使ってヘッダー(フィールド名)のないCSVファイルを開く際の接続文字列とサンプルプログラム(Excel、Access)

  •  投稿日:2009-06-26
  •  カテゴリ:VBA共通
Excel

ADOを使って先頭行がヘッダー(フィールド名)になっていないCSVファイルを開く際のExcel、AccessのVBAサンプルプログラムを覚書。

ヘッダー(フィールド名)がない場合は、接続文字列に指定できる"Extended Properties"の値を設定することで対処できる。


ADOからCSVファイルに直接アクセスしてデータを操作するプログラムは、今までいくつか作ってきたので今更覚書するのもと思っていたが、今回久しぶりに日本郵便が配布している郵便番号データファイル(CSV形式)を使ったプログラムを作ったときに、郵便番号データファイルの1行名がフィールド名になってなくて、いきなり1行目からデータが始まっていて少し困ってしまった。

解決するまで少し時間がかかったのでしっかり覚書しておく。

今回のサンプルプログラムは、ExcelのVBAを使ったサンプルプログラムだけど、オブジェクト宣言とかを変えれば、Accessにも流用できる。

AccessのVBAの場合のサンプルプログラムも載せておく。

以下ExcelとAccessのVBAのサンプルプログラムとその説明。

» 記事の続きを読む

フリーソフトとフリーのwebサービス両方が用意されているマインドマップ作成ツール「DropMind」のダウンロードとインストール手順

今回は、フリーのマインドマップ作成ツール「DropMind」のデスクトップアプリケーション(フリーソフト)版のダウンロードとインストールおよび、初回起動時の設定手順について覚書する。
「DropMind」は、フリーソフトとしてスタンドアロン(インターネットにつながっていない状態)で動作するデスクトップアプリケーションとインターネット経由でwebベースでマインドマップの作成ができるフリーのwebサービスの両方が用意されている。
つまり、オンラインでもオフラインでもフリーで使えるマインドマップツール。

見た目は「MINDOMO」によく似ている。
起動速度や動作そのものはとても軽快だし、フリーソフトのマインドマップ作成ソフトとして人気のある「XMind」よりも使いやすいかもしれない。
もちろん、日本語もきちんと入力できるし、「マインドマネージャ」のファイルを読み込めたりもする。

ちょっと残念なのは、作成したマインドマップをフリーのwebサービス版の方と共有できない点かな。
フリーソフト版で作成したマインドマップをweb版の自分のアカウントにアップできれば良かったんだけどな。
でもフリーソフトでこれだけ充実していれば十分だと思う。

以下、フリーソフト版の「DropMind」のダウンロードとインストール、またインストール後の初回起動時のセットアップ手順について説明する。
また画面ショットを追加で載せた。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:webサービスAPIを使ってセル入力された郵便番号から住所に変換するユーザー定義関数のサンプルプログラム

  •  投稿日:2009-06-19
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

webサービスAPIを使って、セルに入力された郵便番号を基に住所を表示するユーザー定義関数のサンプルプログラムです。

例えば、A1のセルに"1638001"と入力したら隣のセルに"東京都新宿区西新宿2丁目8-1"と表示する関数です。

郵便番号に"-"(ハイフン)が含まれていても動作するようになっています。

AccessのVBAでも使用できます。

» 記事の続きを読む

Windows 起動時に自動でNumLockをオンにする設定手順(Vista、XP共通)

windows7_logo.jpg

通常、Windows起動時にはNumLockキーは、オフの状態で起動する。

Windowsのログオンパスワードに数字を使ったパスワードを設定してたりすると、ついついNumLockをオンにするのを忘れてテンキーで数字を入力してEnterキー押しちゃって、パスワードが違いますってことになる。

で、NumLockをオンにしてないことに気づいてNumLockをオンにして最初からパスワード入れ直し。

だからレジストリいじって最初からNumLockがオンの状態で起動させたい。

Windowsの設定を細かに変更するGUIベースのフリーソフトがたくさんあって、それらを使ってもできるけど、NumLockを起動時に自動的にオンにするくらいはレジストリいじればすぐできる。

ということで、Windows起動時にNumLockをオンにする方法を覚書。

» 記事の続きを読む

マインドマップ作成フリーソフト「MINDOMO Desktop」のインストール方法

「MINDOMO Desktop Basic」は、前の記事で紹介したフリーのマインドマップ作成webサービス「MINDOMO」のクライアントソフト版。
AdobeのAIRベースで作成されたフリーソフト。
通常のアプリケーションと同様に起動でき、動作も軽快。
ただ残念なのは、ローカルに保存したマップを開いて再度ローカルに保存するということを無料版ではできないもよう。
「MINDOMO」のサーバーへ保存して、保存したマップを再度サーバーから開いてローカルに保存することはできるが、インターネットに接続できない環境下での再編集、保存ができないということになる。
ちょっと意味がないかなぁと思う。
それを考えると、インターネットに接続できない環境下でも動作する「XMind」が一番いいのかなと思う。

「MINDOMO Desktop Basic」を使用するには、あらかじめ「MINDOMO」でユーザー登録(無料、プレミア会員は有料)をしておかないとならない。
ユーザー登録については、前の記事「XMindにも負けてない!?フリーのマインドマップ作成webサービス「MINDOMO」」を参照。

一応「MINDOMO Desktop Basic」のインストール手順を以下に記述しておく。

» 記事の続きを読む

XMindにも負けてない!?フリーのマインドマップ作成webサービス「MINDOMO」

マインドマップ作成ツールでは、「XMind」が人気のようだが、この記事で紹介するフリーのwebサービス「MINDOMO」も負けていないと思う。

操作性やデザインセンスなども「XMind」に引けを取らず、またAdobeのAIRベースで作成されたフリーのデスクトップクライアントソフトも用意されているのでweb上でも、クライアントソフトを使ってもマインドマップの作成が可能。
もちろんフリーのクライアントソフトで作成したマインドマップをwebサーバーにアップすることもできる。

以下「MINDOMO」のアカウント作成から実際にマインドマップを作成する手順について覚書。

» 記事の続きを読む

Copyright © Excel、Access、VBA、ORACLE、iPhone、Android、その他覚書:My Knowledge Base All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます