VBA共通のカテゴリ記事一覧

自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

VBA共通のカテゴリ記事一覧。自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

VBA共通
VBAで作成したFunctionプロシージャ(ユーザー定義関数)で戻り値として複数の値を返すサンプルプログラムを覚書。 サンプルプログラムは、ExcelのVBAで作ってありますが、Accessでもそのまま使用できます。...

記事を読む

VBA共通
UTC(協定世界時)日時値を表す文字列、例えば「20150731055917.000000-000」を日本の標準時(JST)に直した上で日付型のデータに変換するユーザー定義関数を覚書。 例えば「20150731055917.000000-000」を日本の標準時に直す場合UTC日時 + 9時間なので実際には、2015/7/31 14:59:17になる。 WMIオブジェクトを使ったプログラムを作った時に作ったユーザー定義関数で、せっかくだから覚書きしておきます。...

記事を読む

VBA共通
日付時刻がYYYYMMDDhhmmss形式で表された文字列を日付型のデータ(YYYY/MM/DD HH:MM:SS)に変換するVBAのサンプルプログラムを覚書。 例えば、20150731090000を日付型の2015/7/31 9:00:00に変換するとういう感じ。 応用としてYYYYMMDDをYYYY/MM/DDの日付型に変換するサンプルプログラムも紹介します。 紹介するサンプルプログラムは、VBA共通で使えるのでExcelでもAccessでも使用できます。...

記事を読む

VBA共通
これから書く予定の記事でVBAのプログラム中で通常の日付時刻(日本の標準時:JST)の値をUTC(Coordinated Universal Time:協定世界時)日時値に変換する処理が必要だったので、その方法について覚書きしておきます。 逆のパターンについては、「VBA共通:VBAでUTC日時値を表す文字列を日本の標準時(JST)に変換した上で日付型に変換するサンプルプログラム(ユーザー定義関数)」を参照してください。...

記事を読む

VBA共通
Dir関数を使用して特定のフォルダに保存されているファイルの一覧の取得、特定のファイルの一覧の取得、フォルダ内のcsvファイル等のテキストファイルを1ファイルずつ読み込んで特定の処理をするなど、Dir関数を使用したサンプルプログラムを覚書。 Dir関数はかなり古いバージョンから用意されていてやり方としては古いかもしれないけれど、たくさんあるcsvファイルのデータを読み込んでAccessのデータベースのテーブルに追加す...

記事を読む

VBA共通
カッコ"("や角括弧"["などの記号で囲まれた(くくられた)文字列から記号を省いた中身の文字列だけ抽出するVBAの関数(ファンクションプロシージャ)のサンプルプログラムを覚書。 例えば、(abc)という文字列からabcだけを抽出することができるようにする関数のプログラム。 abc(DEF)ghiだったらDEFが抽出できる。 サンプルプログラムは、ExcelのVBAで作ってワークシート関数として利用するようになっているけど、AccessのVBAで...

記事を読む

VBA共通
AccessのVBAでファイルの文字コードを変換するサンプルプログラムを覚書。 ファイルの文字コード変換自体はフリーソフトとか使えば簡単に出来るのですが、どうしてもプログラム中でファイルの文字コードを変換しつつ処理を実行する必要があったため作成しました。 実際には別のプログラムからこのプログラムを呼び出して大量にあるテキストファイルの文字コードを変換しつつ処理をするプログラムを作成しましたが、この記事...

記事を読む

VBA共通
促音、拗促音(いわゆる小さいッとかゥなど)を通常の文字(大文字)に変換するためのユーザー定義関数。 ァ、ィ、ゥ、ェ、ォ、ャ、ュ、ョ、ッをそれぞれア、イ、ウ、エ、オ、ヤ、ユ、ヨ、ツに変換する関数。 とあるプログラムのテストをする際に作成したので、せっかくだから覚書しておく。...

記事を読む

Functionプロシージャ(ユーザー定義関数)で複数の値を返すサンプルプログラム | VBA共通

  •  投稿日:2016-05-10
  •  カテゴリ:VBA共通
Excel VBA

VBAで作成したFunctionプロシージャ(ユーザー定義関数)で戻り値として複数の値を返すサンプルプログラムを覚書。

サンプルプログラムは、ExcelのVBAで作ってありますが、Accessでもそのまま使用できます。

» 記事の続きを読む

VBA共通:VBAでUTC日時値を表す文字列を日本の標準時(JST)に変換した上で日付型に変換するサンプルプログラム(ユーザー定義関数)

  •  投稿日:2015-07-31
  •  カテゴリ:VBA共通
Excel

UTC(協定世界時)日時値を表す文字列、例えば「20150731055917.000000-000」を日本の標準時(JST)に直した上で日付型のデータに変換するユーザー定義関数を覚書。

例えば「20150731055917.000000-000」を日本の標準時に直す場合UTC日時 + 9時間なので実際には、2015/7/31 14:59:17になる。

WMIオブジェクトを使ったプログラムを作った時に作ったユーザー定義関数で、せっかくだから覚書きしておきます。

» 記事の続きを読む

VBA共通:VBAでYYYYMMDDhhmmss形式の日付時刻を表す文字列を日付型のデータに変換するサンプルプログラム(ユーザー定義関数)

  •  投稿日:2015-07-31
  •  カテゴリ:VBA共通
VBA共通:VBAでYYYYMMDDhhmmss形式の日付時刻を表す文字列を日付型のデータに変換するサンプルプログラム(ユーザー定義関数)

日付時刻がYYYYMMDDhhmmss形式で表された文字列を日付型のデータ(YYYY/MM/DD HH:MM:SS)に変換するVBAのサンプルプログラムを覚書。
例えば、20150731090000を日付型の2015/7/31 9:00:00に変換するとういう感じ。

応用としてYYYYMMDDをYYYY/MM/DDの日付型に変換するサンプルプログラムも紹介します。

紹介するサンプルプログラムは、VBA共通で使えるのでExcelでもAccessでも使用できます。

» 記事の続きを読む

VBA共通:VBAで日付時刻(日本の標準時:JST)をUTC日時値に変換するサンプルプログラム

  •  投稿日:2015-07-31
  •  カテゴリ:VBA共通
VBA共通:VBAで日付時刻(日本の標準時:JST)をUTC日時値に変換するサンプルプログラム

これから書く予定の記事でVBAのプログラム中で通常の日付時刻(日本の標準時:JST)の値をUTC(Coordinated Universal Time:協定世界時)日時値に変換する処理が必要だったので、その方法について覚書きしておきます。

逆のパターンについては、「VBA共通:VBAでUTC日時値を表す文字列を日本の標準時(JST)に変換した上で日付型に変換するサンプルプログラム(ユーザー定義関数)」を参照してください。

» 記事の続きを読む

VBA:Dir関数を使用した特定のフォルダ内にある複数のファイルの処理に関するサンプルプログラム集

  •  投稿日:2015-03-12
  •  カテゴリ:VBA共通
Excel

Dir関数を使用して特定のフォルダに保存されているファイルの一覧の取得、特定のファイルの一覧の取得、フォルダ内のcsvファイル等のテキストファイルを1ファイルずつ読み込んで特定の処理をするなど、Dir関数を使用したサンプルプログラムを覚書。

Dir関数はかなり古いバージョンから用意されていてやり方としては古いかもしれないけれど、たくさんあるcsvファイルのデータを読み込んでAccessのデータベースのテーブルに追加するプログラムとかを今でもよく書いたりします。

意外にもDir関数を中心としたサンプルプログラムの覚書がなかったりするので覚書きしておく。

他の記事のサンプルプログラムで使われていてちょいちょい出てきてはいるんだけれど、Dir関数を中心とした記事はなかったりします。

サンプルプログラムは、全てExcelで作っているけれど、AccessのVBAでも同じように使えます。

» 記事の続きを読む

VBA:"("や"["などの記号で囲まれた(くくられた)文字列の文字列部分(中身)だけを抽出する関数のサンプルプログラム

  •  投稿日:2015-03-11
  •  カテゴリ:VBA共通
Excel

カッコ"("や角括弧"["などの記号で囲まれた(くくられた)文字列から記号を省いた中身の文字列だけ抽出するVBAの関数(ファンクションプロシージャ)のサンプルプログラムを覚書。

例えば、(abc)という文字列からabcだけを抽出することができるようにする関数のプログラム。
abc(DEF)ghiだったらDEFが抽出できる。

サンプルプログラムは、ExcelのVBAで作ってワークシート関数として利用するようになっているけど、AccessのVBAでも同じように作成すればクエリーの式の中でも使用できる。

» 記事の続きを読む

VBA共通:VBAでファイルの文字コードを変換するサンプルプログラム

  •  投稿日:2014-01-21
  •  カテゴリ:VBA共通
Accessロゴ

AccessのVBAでファイルの文字コードを変換するサンプルプログラムを覚書。

ファイルの文字コード変換自体はフリーソフトとか使えば簡単に出来るのですが、どうしてもプログラム中でファイルの文字コードを変換しつつ処理を実行する必要があったため作成しました。

実際には別のプログラムからこのプログラムを呼び出して大量にあるテキストファイルの文字コードを変換しつつ処理をするプログラムを作成しましたが、この記事では文字コード変換部分だけを覚書しておきます。

このプログラムを動作せる前提として、ADODBオブジェクトを使用するので参照設定で"Microsoft ActiveX Data Object Library"にチェックを付けておく必要があります。

サンプルプログラムは、AccessのVBAで記載されていますが、基本的にはExcelのVBAでも使用できます。

ExcelのVBAで使用する際も参照設定を忘れないようにしてください。

» 記事の続きを読む

VBA共通:促音、拗促音を通常の文字(大文字)に変換するユーザー定義関数

  •  投稿日:2012-03-07
  •  カテゴリ:VBA共通
Excel

促音、拗促音(いわゆる小さいッとかゥなど)を通常の文字(大文字)に変換するためのユーザー定義関数。

ァ、ィ、ゥ、ェ、ォ、ャ、ュ、ョ、ッをそれぞれア、イ、ウ、エ、オ、ヤ、ユ、ヨ、ツに変換する関数。

とあるプログラムのテストをする際に作成したので、せっかくだから覚書しておく。

» 記事の続きを読む

Copyright © Excel、Access、VBA、ORACLE、iPhone、Android、その他覚書:My Knowledge Base All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます