Excel VBAのカテゴリ記事一覧

自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

Excel VBAのカテゴリ記事一覧。自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

Excel VBA
VBAで比較的長い処理時間がかかるプログラム実行時にユーザーフォームで「処理中」や「実行中」等のメッセージを表示させながらバックグラウンドでVBAの処理を行わせるサンプルプログラムを覚書。...

記事を読む

Excel VBA
指定したフォルダのサブフォルダも含めて保存されている全てのファイルのファイル名を取得してExcelのセルに書き込むVBAのサンプルプログラムを覚書。 Office 2007以降はFileSearchオブジェクトが使用できなくなったため、代わりに"FileSystemObject"を再帰呼び出しする方法を使います。 Excelで使う時のが多いかなと思って以前書いたAccessのVBAの記事「Access VBA:指定したフォルダのサブフォルダも含めてファイル名の一覧...

記事を読む

Excel VBA
つい最近遭遇した特定のPCのみVBAの実行処理速度が異常に遅かった際の原因と対処方法について覚書。 もしも同じような状況に遭遇している場合は参考にしてください。...

記事を読む

Excel VBA
VBAを使って指定したコンピュータのWindowsイベントログをワークシートのセルに出力させるサンプルプログラムを覚書。 WMIオブジェクトとExecQueryを使って指定したコンピュータのWindowsイベントログを条件を指定してExcelのワークシートに出力させます。 指定する条件は日付やログの種類(System、Application、セキュリティなど)、レベル(情報、警告、エラー)を指定したサンプルプログラムです。 Windowsイベントログに...

記事を読む

Excel VBA
ExcelのVBAで開かれている(ロックされている)ファイルをコピーするサンプルプログラムを覚書。 例えば今開いている編集中のファイルなどをファイルを閉じずに別の場所にコピーしたい場合のVBAのサンプルプログラム。 ExcelのVBAでファイルをコピーする処理を実行する場合、"FileCopy"を使用しますが、コピー元が開かれている場合、"FileCopy"では「実行時エラー '70': 書込みできません。」というエラー...

記事を読む

Excel VBA
編集しているExcelのファイルを上書き保存する際に、上書き保存される前の状態のファイルをバックアップして世代管理できるようにするサンプルプログラムを覚書。 自動保存機能を使えば定期的にファイルを自動で保存して世代管理的なことはできるけど、時間間隔の指定しかできないのでイマイチ。 世代管理という意味では上書き保存されるタイミングごとに上書き保存される前の状態をとっておかないと意味が無いので上書き保...

記事を読む

Excel VBA
行の途中に空白行がある場合でも表の最終行の行番号の取得と最終行のセルの選択を行う方法を覚書。 行の間に空白セルがない場合はとても簡単だけれど、空白行が含まれる場合はちょっと工夫が必要になります。...

記事を読む

Excel VBA
Excelであれば通常そのままCSVファイルを直接開くことができますが、VBAのLine Inputステートメントを使用してCSVファイルのデータを一行ずつ読み込んでワークシートの各セルに読み込んだデータを書き込む方法についての覚書です。 CSVファイルを読み込む際に個々のデータに何らかの加工をした上でExcelに展開したかったり、同じ構造を持つ複数のCSVファイルを一つの表としてExcelに書き込ませたいときなどに使いまわしているプ...

記事を読む

Excel VBA:ユーザーフォームを使用して「実行中」や「処理中」等のメッセージを表示しながらバックグラウンドで処理を実行させるVBAのサンプルプログラム

  •  投稿日:2016-01-25
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

VBAで比較的長い処理時間がかかるプログラム実行時にユーザーフォームで「処理中」や「実行中」等のメッセージを表示させながらバックグラウンドでVBAの処理を行わせるサンプルプログラムを覚書。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:指定したフォルダのサブフォルダも含めてファイル名の一覧を取得してセルに書き出すVBAのサンプルプログラム

  •  投稿日:2016-01-16
  •  カテゴリ:Excel VBA


指定したフォルダのサブフォルダも含めて保存されている全てのファイルのファイル名を取得してExcelのセルに書き込むVBAのサンプルプログラムを覚書。

Office 2007以降はFileSearchオブジェクトが使用できなくなったため、代わりに"FileSystemObject"を再帰呼び出しする方法を使います。

Excelで使う時のが多いかなと思って以前書いたAccessのVBAの記事「Access VBA:指定したフォルダのサブフォルダも含めてファイル名の一覧を取得してテーブルに追加するVBAのサンプルプログラム」のサンプルプログラムをExcel VBAに書きなおしました。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:特定のPCのみExcelのVBAの実行処理速度が異常に遅い場合の原因と対処

  •  投稿日:2015-11-17
  •  カテゴリ:Excel VBA
Microsoft Excel

つい最近遭遇した特定のPCのみVBAの実行処理速度が異常に遅かった際の原因と対処方法について覚書。

もしも同じような状況に遭遇している場合は参考にしてください。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:Windowsのイベントログの一覧をExcelのワークシートに出力するVBAのサンプルプログラム

  •  投稿日:2015-08-04
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

VBAを使って指定したコンピュータのWindowsイベントログをワークシートのセルに出力させるサンプルプログラムを覚書。

WMIオブジェクトとExecQueryを使って指定したコンピュータのWindowsイベントログを条件を指定してExcelのワークシートに出力させます。

指定する条件は日付やログの種類(System、Application、セキュリティなど)、レベル(情報、警告、エラー)を指定したサンプルプログラムです。

Windowsイベントログにアクセスできる権限があれば、プログラムを実行しているコンピュータとは別のコンピュータ、例えばWindowsサーバーのイベントログを出力させることもできます。

記事の最後には複数のリモートコンピューター(サーバー)のイベントログをシートごとに分けて出力するサンプルプログラムを載せていますので参考にしてください。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:開かれているファイルをコピー(編集中のファイルをコピーする場合など)するサンプルプログラム

  •  投稿日:2015-04-07
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel VBA:開かれているファイルをコピー(編集中のファイルをコピーする場合など)するサンプルプログラム

ExcelのVBAで開かれている(ロックされている)ファイルをコピーするサンプルプログラムを覚書。

例えば今開いている編集中のファイルなどをファイルを閉じずに別の場所にコピーしたい場合のVBAのサンプルプログラム。

ExcelのVBAでファイルをコピーする処理を実行する場合、"FileCopy"を使用しますが、コピー元が開かれている場合、"FileCopy"では「実行時エラー '70': 書込みできません。」というエラーメッセージが表示され、コピーが出来ません。

そういった場合でもコピーをできるようにするExcel VBAのサンプルプログラムを紹介します。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:Excelのファイルを上書き保存される前にバックアップ(コピー)を取ってファイルの世代管理をできるようにするサンプルプログラム

  •  投稿日:2015-04-07
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel VBA:Excelのファイルを上書き保存される前にバックアップ(コピー)を取ってファイルの世代管理をできるようにするサンプルプログラム

編集しているExcelのファイルを上書き保存する際に、上書き保存される前の状態のファイルをバックアップして世代管理できるようにするサンプルプログラムを覚書。

自動保存機能を使えば定期的にファイルを自動で保存して世代管理的なことはできるけど、時間間隔の指定しかできないのでイマイチ。

世代管理という意味では上書き保存されるタイミングごとに上書き保存される前の状態をとっておかないと意味が無いので上書き保存されたタイミングで上書き保存される前のファイルの状態のコピーを取るVBAのサンプルプログラムです。

世代番号として上書き保存が実行された時の日時(秒まで)を使用しています。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:行の途中に空白セルがあっても表の最終行のセルの選択や行番号を取得するVBAののサンプルプログラム

  •  投稿日:2015-04-02
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

行の途中に空白行がある場合でも表の最終行の行番号の取得と最終行のセルの選択を行う方法を覚書。

行の間に空白セルがない場合はとても簡単だけれど、空白行が含まれる場合はちょっと工夫が必要になります。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:Line Inputステートメントを使用してCSVファイル(カンマ区切り)の中身を一行ずつ読み込んでワークシートのセルに書き出すVBAのサンプルプログラム

  •  投稿日:2015-03-20
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

Excelであれば通常そのままCSVファイルを直接開くことができますが、VBAのLine Inputステートメントを使用してCSVファイルのデータを一行ずつ読み込んでワークシートの各セルに読み込んだデータを書き込む方法についての覚書です。

CSVファイルを読み込む際に個々のデータに何らかの加工をした上でExcelに展開したかったり、同じ構造を持つ複数のCSVファイルを一つの表としてExcelに書き込ませたいときなどに使いまわしているプログラム紹介します。

サンプルプログラムには、[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して任意のファイルを指定した上で読み込むサンプル、[フォルダ選択]ダイアログボックスを表示して指定した任意のフォルダ内にある全てのCSVファイルを連続して読み込むサンプルプログラムも紹介します。

» 記事の続きを読む

Copyright © Excel、Access、VBA、ORACLE、iPhone、Android、その他覚書:My Knowledge Base All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます