Excel

VBAを使って指定したコンピュータのWindowsイベントログをワークシートのセルに出力させるサンプルプログラムを覚書。

WMIオブジェクトとExecQueryを使って指定したコンピュータのWindowsイベントログを条件を指定してExcelのワークシートに出力させます。

指定する条件は日付やログの種類(System、Application、セキュリティなど)、レベル(情報、警告、エラー)を指定したサンプルプログラムです。

Windowsイベントログにアクセスできる権限があれば、プログラムを実行しているコンピュータとは別のコンピュータ、例えばWindowsサーバーのイベントログを出力させることもできます。

記事の最後には複数のリモートコンピューター(サーバー)のイベントログをシートごとに分けて出力するサンプルプログラムを載せていますので参考にしてください。

» 記事の続きを読む