ODBCのタグ記事一覧

自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

ODBCのタグが付いた記事一覧。自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。
No Image

MySQL
MySQLのODBCドライバ「MySQL Connector/ODBC 3.51」のドライバ設定を含むセットアップ手順について説明。MySQLのODBCドライバは、5.0だとイマイチ動作が不安定なので3.51を使用している。今回は、ODBCドライバ 3.51のダウンロード、インストール、ドライバ設定の手順について記述。...

記事を読む

No Image

VBA共通
VBやVBAなどでデータベースに接続するプログラムを作る際に接続文字列を打ち込むのはとてもめんどう。"udl"ファイルを使えばダイアログボックス上で設定していけば簡単に接続文字列を作ってくれる。接続文字列作成のためのウィザードみたいな感じ。ODBCだろうが、OLEプロバイダーだろうが簡単に接続文字列が作成できる。かなり昔に会社の先輩に教えてもらって、ちょっとしたことだったけど、すごく感心したのを覚えている。その方...

記事を読む

No Image

ORACLE
あまりアプリケーションがセットアップされていないようなクリーンな環境にORACLEのInstant ClientをセットアップしてODBCのデータソースを作ろうとすると、ドライバの選択画面で以下のようなエラーメッセージが表示されるときがある。「ODBCドライバのセットアッププログラムを読み込むことができません(システムエラーコード126)」このエラーメッセージが表示されたときの原因と対処方法について記述する。...

記事を読む

No Image

ORACLE
「ORACLE:ORACLEのフリークライアントソフト「Instant Client」のセットアップ方法」で解説した「Instant Client」のセットアップがきちんとできたかどうかを確認するための動作テストです。今回は、ODBCドライバによるORACLEデータベース接続の動作確認をします。以下動作確認の手順です。...

記事を読む

No Image

Access
AccessからODBCドライバ経由で接続したMySQLのリンクテーブルを開くとデータが文字化けする件については、他の記事「MySQL:MySQLのテーブルをAccessで使用する場合の文字コード変換について」でも回避する方法を記述したが、テーブルに保存されているデータに機種依存文字(例.①、②)とか全角のハイフン"-"などが含まれている場合、やはり文字化けが発生する。...

記事を読む

Access VBA
AccessのVBAを使ってMySQLのデータベースにODBCのデータソース(DSN)を作成せずにデータソースレスで接続する際の接続文字列とデータソースレス接続を使用したサンプルプログラムについて覚書。...

記事を読む

No Image

MySQL
ODBCドライバ経由でVBAのプログラムやAccessのリンクしたテーブルにレコードを追加したり更新したりすると、以下のエラーが表示される。「Data too long for column 'XX' at row 1」エラー詳細は以下。...

記事を読む

Access
ODBCドライバ経由でAccessのデータベースに接続する際にODBCデータソースを作成せずにVBAのプログラム中のODBC接続文字列に直接指定して接続するサンプルプログラムを覚書。 通常ODBCドライバ経由でデータベースに接続する場合、[コントロールパネル] > [管理ツール] > [データソース(ODBC)]でデータソースを作成しそれをプログラム中で指定して接続しますが、紹介する方法であればデータソースの作成が必要なくなります。...

記事を読む

VBA:udlファイルを使用して接続文字列を簡単に作成する方法

  •  投稿日:2009-02-06
  •  カテゴリ:VBA共通
VBやVBAなどでデータベースに接続するプログラムを作る際に接続文字列を打ち込むのはとてもめんどう。
"udl"ファイルを使えばダイアログボックス上で設定していけば簡単に接続文字列を作ってくれる。
接続文字列作成のためのウィザードみたいな感じ。
ODBCだろうが、OLEプロバイダーだろうが簡単に接続文字列が作成できる。

かなり昔に会社の先輩に教えてもらって、ちょっとしたことだったけど、すごく感心したのを覚えている。
その方法を忘れることはもうないだろうけど、同じようにめんどうに思っている人がいるかもしれないので覚書しておく。

以下"udl"(正式名称は不明)ファイルを使った簡単な接続文字列の作成手順について記述。

» 記事の続きを読む

ORACLE:「ODBCドライバのセットアッププログラムを読み込むことができません(システムエラーコード126)」の原因と対処方法

  •  投稿日:2008-12-25
  •  カテゴリ:ORACLE
あまりアプリケーションがセットアップされていないようなクリーンな環境にORACLEのInstant ClientをセットアップしてODBCのデータソースを作ろうとすると、ドライバの選択画面で以下のようなエラーメッセージが表示されるときがある。

「ODBCドライバのセットアッププログラムを読み込むことができません(システムエラーコード126)」

このエラーメッセージが表示されたときの原因と対処方法について記述する。

» 記事の続きを読む

MySQLのリンクテーブルで機種依存文字や全角記号などの文字化け回避について

  •  投稿日:2008-08-07
  •  カテゴリ:Access
AccessからODBCドライバ経由で接続したMySQLのリンクテーブルを開くとデータが文字化けする件については、他の記事
「MySQL:MySQLのテーブルをAccessで使用する場合の文字コード変換について」
でも回避する方法を記述したが、テーブルに保存されているデータに機種依存文字(例.①、②)とか全角のハイフン"-"などが含まれている場合、やはり文字化けが発生する。

» 記事の続きを読む

VBA共通:ODBCデータソース(DSN)を作成せずにAccessデータベースにデータソースレスで接続するサンプルプログラム

  •  投稿日:2008-03-10
  •  カテゴリ:Access
Accessロゴ

ODBCドライバ経由でAccessのデータベースに接続する際にODBCデータソースを作成せずにVBAのプログラム中のODBC接続文字列に直接指定して接続するサンプルプログラムを覚書。

通常ODBCドライバ経由でデータベースに接続する場合、[コントロールパネル] > [管理ツール] > [データソース(ODBC)]でデータソースを作成しそれをプログラム中で指定して接続しますが、紹介する方法であればデータソースの作成が必要なくなります。

» 記事の続きを読む

Copyright © Excel、Access、VBA、ORACLE、iPhone、Android、その他覚書:My Knowledge Base All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます