Excel

ExcelのVBAを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示し、保存するファイル名として入力された文字列を取得するサンプルプログラム。

ExcelのVBAではAccessと違って最初から[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開くための"GetSaveAsFilename"メソッドが用意されている。

このメソッドを使うことで容易に[名前を付けて保存]ダイアログボックスのインターフェースを利用することができる。

以前覚書した、
「Excel VBA:[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示(GetSaveFilenameメソッド)してファイル名を取得する方法」のついでに[名前を付けて保存]ダイアログボックスについても覚書しておく。

 以下に"GetSaveAsFilename"メソッドの説明とサンプルプログラムを記述する。

» 記事の続きを読む