SQL Server

Accessなどでリンクテーブルやパススルークエリーを作成する際にDSNを作成せずに作成する方法。

通常DSNを作成し、そのDSNを指定してリンクテーブルやパススルークエリーを作成するが、DSNを使用すると、他のマシンから使用する際にいちいちDSNを作成しないとならない。

ファイルDSNを共有するという方法もあるが、共有フォルダを作成する必要があるなど面倒。

データソースレス接続を使用すれば、DSNを作成する必要がなく、接続に必要なODBCドライバさえPCにセットアップされていればよい。

ODBC接続されたリンクテーブルなどを含むmdbファイルを配布したり、他のマシンでの利用が前提となるようなAccessデータベースを作成する場合は非常に便利。

» 記事の続きを読む