CSVのタグ記事一覧

自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

CSVのタグが付いた記事一覧。自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

Excel VBA
Excelであれば通常そのままCSVファイルを直接開くことができますが、VBAのLine Inputステートメントを使用してCSVファイルのデータを一行ずつ読み込んでワークシートの各セルに読み込んだデータを書き込む方法についての覚書です。 CSVファイルを読み込む際に個々のデータに何らかの加工をした上でExcelに展開したかったり、同じ構造を持つ複数のCSVファイルを一つの表としてExcelに書き込ませたいときなどに使いまわしているプ...

記事を読む

Windows全般
Windowsのイベントログをいちいち手作業でファイルに保存するのが面倒なので、イベントログをCSV形式で出力するコマンドを覚書しておく。 またコマンドを利用してダブルクリックすればいいようにバッチファイル化したのでその方法についても覚書しておく。 記事の最後にExcelのVBAを使用してExcelのワークシートにイベントログを出力する方法を記載した記事を紹介します。...

記事を読む

VBA共通
ADOを使って先頭行がヘッダー(フィールド名)になっていないCSVファイルを開く際のExcel、AccessのVBAサンプルプログラムを覚書。 ヘッダー(フィールド名)がない場合は、接続文字列に指定できる"Extended Properties"の値を設定することで対処できる。 ADOからCSVファイルに直接アクセスしてデータを操作するプログラムは、今までいくつか作ってきたので今更覚書するのもと思っていたが、今回久しぶりに日本郵便が配布して...

記事を読む

Excel VBA
GetOpenFilenameメソッドを使い[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して選択したCSVファイルのデータをインポートしてアクティブセルを起点に貼り付けるサンプルプログラム。 サンプルプログラム中のSplit関数の第二引数に別の区切り記号を指定すれば、カンマ区切りのCSVファイルに限らず、別の区切り記号を使ったテキストファイルに流用が可能。 以下にサンプルプログラムを記述。...

記事を読む

Access VBA
AccessのVBAでCSVファイルなどの区切り記号付きテキストファイルをインポートするサンプルプログラムを覚書。 [ファイルを開く]ダイアログボックスの表示と組み合わせたサンプルプログラムも作成しておいた。 AccessでCSVファイルなどの区切り記号付きテキストファイルをインポートするには、通常"TransferText"を使用する。 しかし、TransferTextでは、一括してデータを読み込むため個々のデータをインポート時に加工...

記事を読む

Excel VBA
マウスで選択した範囲や、アクティブセル領域(Ctrl + テンキーの"*"をクリックして選択される範囲、VBAで言うと"CurrentRegion")のセルのデータだけをCSV形式のファイルにエクスポートするプログラムを作成したので覚書しておく。 プログラム実行時には、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示してCSVファイルの保存先を任意に決められるようにしてある。 マクロの実行から指定して実行するのは...

記事を読む

Excel VBA:Line Inputステートメントを使用してCSVファイル(カンマ区切り)の中身を一行ずつ読み込んでワークシートのセルに書き出すVBAのサンプルプログラム

  •  投稿日:2015-03-20
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

Excelであれば通常そのままCSVファイルを直接開くことができますが、VBAのLine Inputステートメントを使用してCSVファイルのデータを一行ずつ読み込んでワークシートの各セルに読み込んだデータを書き込む方法についての覚書です。

CSVファイルを読み込む際に個々のデータに何らかの加工をした上でExcelに展開したかったり、同じ構造を持つ複数のCSVファイルを一つの表としてExcelに書き込ませたいときなどに使いまわしているプログラム紹介します。

サンプルプログラムには、[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して任意のファイルを指定した上で読み込むサンプル、[フォルダ選択]ダイアログボックスを表示して指定した任意のフォルダ内にある全てのCSVファイルを連続して読み込むサンプルプログラムも紹介します。

» 記事の続きを読む

OS:WindowsのイベントログをCSV形式で出力させるコマンド

Accessロゴ

Windowsのイベントログをいちいち手作業でファイルに保存するのが面倒なので、イベントログをCSV形式で出力するコマンドを覚書しておく。

またコマンドを利用してダブルクリックすればいいようにバッチファイル化したのでその方法についても覚書しておく。

記事の最後にExcelのVBAを使用してExcelのワークシートにイベントログを出力する方法を記載した記事を紹介します。

» 記事の続きを読む

VBA共通:ADOを使ってヘッダー(フィールド名)のないCSVファイルを開く際の接続文字列とサンプルプログラム(Excel、Access)

  •  投稿日:2009-06-26
  •  カテゴリ:VBA共通
Excel

ADOを使って先頭行がヘッダー(フィールド名)になっていないCSVファイルを開く際のExcel、AccessのVBAサンプルプログラムを覚書。

ヘッダー(フィールド名)がない場合は、接続文字列に指定できる"Extended Properties"の値を設定することで対処できる。


ADOからCSVファイルに直接アクセスしてデータを操作するプログラムは、今までいくつか作ってきたので今更覚書するのもと思っていたが、今回久しぶりに日本郵便が配布している郵便番号データファイル(CSV形式)を使ったプログラムを作ったときに、郵便番号データファイルの1行名がフィールド名になってなくて、いきなり1行目からデータが始まっていて少し困ってしまった。

解決するまで少し時間がかかったのでしっかり覚書しておく。

今回のサンプルプログラムは、ExcelのVBAを使ったサンプルプログラムだけど、オブジェクト宣言とかを変えれば、Accessにも流用できる。

AccessのVBAの場合のサンプルプログラムも載せておく。

以下ExcelとAccessのVBAのサンプルプログラムとその説明。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:ExcelのVBAでGetOpenFilenameメソッドを使ってCSVファイルから読み込んだデータをアクティブセルに貼り付けるサンプルプログラム

  •  投稿日:2009-03-06
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

GetOpenFilenameメソッドを使い[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して選択したCSVファイルのデータをインポートしてアクティブセルを起点に貼り付けるサンプルプログラム。

サンプルプログラム中のSplit関数の第二引数に別の区切り記号を指定すれば、カンマ区切りのCSVファイルに限らず、別の区切り記号を使ったテキストファイルに流用が可能。

以下にサンプルプログラムを記述。

» 記事の続きを読む

Access VBA:TransferTextを使用せずにVBAでCSVなどの区切り記号つきテキストファイルを既存のテーブルにインポートするサンプルプログラム

  •  投稿日:2009-03-05
  •  カテゴリ:Access VBA
Accessロゴ

AccessのVBAでCSVファイルなどの区切り記号付きテキストファイルをインポートするサンプルプログラムを覚書。

[ファイルを開く]ダイアログボックスの表示と組み合わせたサンプルプログラムも作成しておいた。

AccessでCSVファイルなどの区切り記号付きテキストファイルをインポートするには、通常"TransferText"を使用する。

しかし、TransferTextでは、一括してデータを読み込むため個々のデータをインポート時に加工したりデータ型を変換するなどの細かい処理を指定できない。

インポート時の定義を作成し、定義を指定することである程度はカバーできるが、インポートするデータに何かしらの加工処理を実行した結果を保存する場合には役に立たない。

以下に、VBAの標準I/Oである"Line Input #"ステートメントを使用して区切り記号付きテキストファイルを読み込んでテーブルにレコード追加するサンプルプログラムを記述する。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:選択した範囲やアクティブセル領域のセルのデータだけをCSV形式でエクスポートするサンプルプログラム

  •  投稿日:2009-03-03
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

マウスで選択した範囲や、アクティブセル領域(Ctrl + テンキーの"*"をクリックして選択される範囲、VBAで言うと"CurrentRegion")のセルのデータだけをCSV形式のファイルにエクスポートするプログラムを作成したので覚書しておく。

プログラム実行時には、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示してCSVファイルの保存先を任意に決められるようにしてある。

マクロの実行から指定して実行するのは少し面倒なので、今回はコマンドバー(CommandBar)をVBAで作成させ、作成した2つのボタンにそれぞれのプログラムを割りつけるようにした。

以下にCSV形式でエクスポートするプログラムとコマンドバーを作成するプログラムを記述。

» 記事の続きを読む

Copyright © Excel、Access、VBA、ORACLE、iPhone、Android、その他覚書:My Knowledge Base All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます