Excel

Excelであれば通常そのままCSVファイルを直接開くことができますが、VBAのLine Inputステートメントを使用してCSVファイルのデータを一行ずつ読み込んでワークシートの各セルに読み込んだデータを書き込む方法についての覚書です。

CSVファイルを読み込む際に個々のデータに何らかの加工をした上でExcelに展開したかったり、同じ構造を持つ複数のCSVファイルを一つの表としてExcelに書き込ませたいときなどに使いまわしているプログラム紹介します。

サンプルプログラムには、[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して任意のファイルを指定した上で読み込むサンプル、[フォルダ選択]ダイアログボックスを表示して指定した任意のフォルダ内にある全てのCSVファイルを連続して読み込むサンプルプログラムも紹介します。

» 記事の続きを読む