Excel

ADOを使って先頭行がヘッダー(フィールド名)になっていないCSVファイルを開く際のExcel、AccessのVBAサンプルプログラムを覚書。

ヘッダー(フィールド名)がない場合は、接続文字列に指定できる"Extended Properties"の値を設定することで対処できる。


ADOからCSVファイルに直接アクセスしてデータを操作するプログラムは、今までいくつか作ってきたので今更覚書するのもと思っていたが、今回久しぶりに日本郵便が配布している郵便番号データファイル(CSV形式)を使ったプログラムを作ったときに、郵便番号データファイルの1行名がフィールド名になってなくて、いきなり1行目からデータが始まっていて少し困ってしまった。

解決するまで少し時間がかかったのでしっかり覚書しておく。

今回のサンプルプログラムは、ExcelのVBAを使ったサンプルプログラムだけど、オブジェクト宣言とかを変えれば、Accessにも流用できる。

AccessのVBAの場合のサンプルプログラムも載せておく。

以下ExcelとAccessのVBAのサンプルプログラムとその説明。

» 記事の続きを読む