Accessロゴ

Excelのワークシートに配置してあるテキストボックス内の文字列をAccessのメモフィールドに転送するサンプルプログラム。

Excelのワークシートの内容をAccessのデータベースにプログラムを使ってインポートする際に使用したプログラム。

注意する点として、文字数が255を超える場合、何も考えないで実行すると255文字で切れてしまうので、255文字ずつ取り出して、取りだした文字列を結合したものをフィールドに代入するというロジックが必要になる。

また、ExcelとAccessでは改行コードの扱いが若干異なるため、改行コードをAccess側の仕様に合わせてからデータを転送する必要がある。

ExcelとAccessの改行コードの扱いについては、「VBA:ExcelとAccessの改行コードの違いについて」を参照。

以下サンプルプログラムを記述。

» 記事の続きを読む