ダイアログボックスのタグ記事一覧

自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

ダイアログボックスのタグが付いた記事一覧。自分用のナレッジベース。 AccessやExcelのVBA、VB.NET、VBScript、PHPなどのサンプルプログラム、ORACLEやSQL Server、オープンソース系のシステムやフリーソフトに関する情報、iPhone、Androidスマホ便利情報など役立つ情報などを覚書しておくためのブログ。

Excel VBA
フォルダを選択する[参照]ダイアログボックスを表示して選択されたフォルダを取得するサンプルプログラムを覚書。 [参照]ダイアログボックスの初期フォルダを指定した上で表示する方法についても紹介しています。 ExcelのVBAでGetOpenFilenameを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して選択されたファイル名を取得することはできるけど、例えばファイルまでの選択は必要なくてフォルダのみ選択させたい場合には...

記事を読む

Access VBA
AccessのFileDialogオブジェクトを使用した[ファイルを開く]ダイアログボックス、[名前を付けて保存]ダイアログボックス、[フォルダ選択]ダイアログボックスの各種ダイアログボックスを表示して使用する際のまとめ。...

記事を読む

Access VBA
AccessのFileDialogオブジェクトを使用してフォルダのみ選択する[フォルダ選択]ダイアログボックスを表示するサンプルプログラムを覚書。 例えば、このフォルダに保存されている全てのcsvファイルを読み込ませて、それぞれのファイルに何か処理をするみたいなプログラムを書くことがよくある。 そういう場合、[ファイルを開く]ダイアログボックスを使ってフォルダのみ選択できるようにしたいので、その方法を覚書。 フォ...

記事を読む

Access VBA
Accessの「FileDialog」オブジェクトを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示するVBAのサンプルプログラムを覚書。 AccessのVBAでFileDialogオブジェクトを使用する際には、オブジェクトライブラリの参照設定が必要となります。...

記事を読む

Access VBA
AccessのFileDialogオブジェクトを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して利用する方法の詳細については、Access VBA:AccessのFileDialogを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示するサンプルプログラムに覚書きしたけど、だいぶ長くなってしまったので、追加として複数のファイルを選択できる場合の処理について覚書。 ちなみにFileDialogオブジェクトのヘルプを見ると、 「定数 msoFileDialogOpe...

記事を読む

Access VBA
以前Accessの非公開オブジェクト"WIZHOOK"オブジェクトを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して利用するサンプルプログラムを記事にしたけれど、今回はAccessの"FileDialog"オブジェクトを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示させて利用するサンプルプログラムを覚書。 動作させた環境はAccess 2010。 ちなみにFileDialogオブジェクトのヘルプを見ると、 「定数 msoFile...

記事を読む

Access VBA
AccessのVBAでCSVファイルなどの区切り記号付きテキストファイルをインポートするサンプルプログラムを覚書。 [ファイルを開く]ダイアログボックスの表示と組み合わせたサンプルプログラムも作成しておいた。 AccessでCSVファイルなどの区切り記号付きテキストファイルをインポートするには、通常"TransferText"を使用する。 しかし、TransferTextでは、一括してデータを読み込むため個々のデータをインポート時に加工...

記事を読む

Excel VBA
ExcelのVBAを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示し、保存するファイル名として入力された文字列を取得するサンプルプログラム。 ExcelのVBAではAccessと違って最初から[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開くための"GetSaveAsFilename"メソッドが用意されている。 このメソッドを使うことで容易に[名前を付けて保存]ダイアログボックスのインターフェースを利用することができる。 以前...

記事を読む

Excel VBA:FileDialogを使用してGetOpenFilenameではできないフォルダのみ選択できる[参照]ダイアログボックスを表示して選択されたフォルダパスを取得する方法

  •  投稿日:2015-03-12
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

フォルダを選択する[参照]ダイアログボックスを表示して選択されたフォルダを取得するサンプルプログラムを覚書。
[参照]ダイアログボックスの初期フォルダを指定した上で表示する方法についても紹介しています。

ExcelのVBAでGetOpenFilenameを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して選択されたファイル名を取得することはできるけど、例えばファイルまでの選択は必要なくてフォルダのみ選択させたい場合には、GetOpenFilenameではできない。

使われるダイアログボックス自体が別物になるので当たり前ではあるんだけれど。

» 記事の続きを読む

Access VBA:FileDialogオブジェクトを利用した各種ダイアログボックスを表示する際のまとめ

  •  投稿日:2014-01-24
  •  カテゴリ:Access VBA
Accessロゴ

AccessのFileDialogオブジェクトを使用した[ファイルを開く]ダイアログボックス、[名前を付けて保存]ダイアログボックス、[フォルダ選択]ダイアログボックスの各種ダイアログボックスを表示して使用する際のまとめ。

» 記事の続きを読む

Access VBA:FileDialogオブジェクトを使用してフォルダのみ選択できるフォルダ選択ダイアログボックスを表示するサンプルプログラム

  •  投稿日:2014-01-24
  •  カテゴリ:Access VBA
Accessロゴ

AccessのFileDialogオブジェクトを使用してフォルダのみ選択する[フォルダ選択]ダイアログボックスを表示するサンプルプログラムを覚書。

例えば、このフォルダに保存されている全てのcsvファイルを読み込ませて、それぞれのファイルに何か処理をするみたいなプログラムを書くことがよくある。

そういう場合、[ファイルを開く]ダイアログボックスを使ってフォルダのみ選択できるようにしたいので、その方法を覚書。

フォルダの中のファイル全部じゃなくて特定の複数のファイルを指定したいなら以下の記事を参照。
Access VBA:AccessのFileDialogで[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示し、複数のファイルを選択できるようにするサンプルプログラム

» 記事の続きを読む

Access VBA:AccessのFileDialogを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示するサンプルプログラム

  •  投稿日:2014-01-24
  •  カテゴリ:Access VBA
Accessロゴ

Accessの「FileDialog」オブジェクトを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示するVBAのサンプルプログラムを覚書。

AccessのVBAでFileDialogオブジェクトを使用する際には、オブジェクトライブラリの参照設定が必要となります。

» 記事の続きを読む

Access VBA:AccessのFileDialogで[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示し、複数のファイルを選択できるようにするサンプルプログラム

  •  投稿日:2014-01-23
  •  カテゴリ:Access VBA
Accessロゴ

AccessのFileDialogオブジェクトを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して利用する方法の詳細については、Access VBA:AccessのFileDialogを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示するサンプルプログラムに覚書きしたけど、だいぶ長くなってしまったので、追加として複数のファイルを選択できる場合の処理について覚書。

ちなみにFileDialogオブジェクトのヘルプを見ると、
「定数 msoFileDialogOpen および定数 msoFileDialogSaveAs は Access ではサポートされていません。」
と記載されいるので、ここでのサンプルプログラムはMSサポート対象外となるので、使う際は自己責任で。

» 記事の続きを読む

Access VBA:AccessのFileDialogを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示するサンプルプログラム

  •  投稿日:2014-01-23
  •  カテゴリ:Access VBA
Accessロゴ

以前Accessの非公開オブジェクト"WIZHOOK"オブジェクトを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して利用するサンプルプログラムを記事にしたけれど、今回はAccessの"FileDialog"オブジェクトを使用して[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示させて利用するサンプルプログラムを覚書。

動作させた環境はAccess 2010。

ちなみにFileDialogオブジェクトのヘルプを見ると、
「定数 msoFileDialogOpen および定数 msoFileDialogSaveAs は Access ではサポートされていません。」
と記載されいるので、ここでのサンプルプログラムは全部MSサポート対象外となるので、使う際は自己責任で。

» 記事の続きを読む

Access VBA:TransferTextを使用せずにVBAでCSVなどの区切り記号つきテキストファイルを既存のテーブルにインポートするサンプルプログラム

  •  投稿日:2009-03-05
  •  カテゴリ:Access VBA
Accessロゴ

AccessのVBAでCSVファイルなどの区切り記号付きテキストファイルをインポートするサンプルプログラムを覚書。

[ファイルを開く]ダイアログボックスの表示と組み合わせたサンプルプログラムも作成しておいた。

AccessでCSVファイルなどの区切り記号付きテキストファイルをインポートするには、通常"TransferText"を使用する。

しかし、TransferTextでは、一括してデータを読み込むため個々のデータをインポート時に加工したりデータ型を変換するなどの細かい処理を指定できない。

インポート時の定義を作成し、定義を指定することである程度はカバーできるが、インポートするデータに何かしらの加工処理を実行した結果を保存する場合には役に立たない。

以下に、VBAの標準I/Oである"Line Input #"ステートメントを使用して区切り記号付きテキストファイルを読み込んでテーブルにレコード追加するサンプルプログラムを記述する。

» 記事の続きを読む

Excel VBA:[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示(GetSaveAsFilenameメソッド)して入力されたファイル名を取得する方法

  •  投稿日:2009-03-02
  •  カテゴリ:Excel VBA
Excel

ExcelのVBAを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示し、保存するファイル名として入力された文字列を取得するサンプルプログラム。

ExcelのVBAではAccessと違って最初から[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開くための"GetSaveAsFilename"メソッドが用意されている。

このメソッドを使うことで容易に[名前を付けて保存]ダイアログボックスのインターフェースを利用することができる。

以前覚書した、
「Excel VBA:[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示(GetSaveFilenameメソッド)してファイル名を取得する方法」のついでに[名前を付けて保存]ダイアログボックスについても覚書しておく。

 以下に"GetSaveAsFilename"メソッドの説明とサンプルプログラムを記述する。

» 記事の続きを読む

Copyright © Excel、Access、VBA、ORACLE、iPhone、Android、その他覚書:My Knowledge Base All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます