office_logo01.jpg

ExcelやWordなどのOffice系のファイルをネットワーク上、例えばサーバーの共有フォルダなどから開いた場合に以下の様なメッセージが表示され編集できない状態で開かれます。

「注意―インターネットから入手したファイルは、ウィルスに感染している可能性があります。編集する必要がなければ保護ビューのままにしておくことをお勧めします。」

[編集を有効にする]ボタンをクリックすれば編集できるようになるのですが、一度ファイルを開き直すためサイズの大きいファイルなどの場合倍の時間がかかることになります。

使用しているPCがアンチウィルスソフトなどにより保護されているのであればいちいち保護ビューで開くこともないと思うので、保護ビューを無効にする方法を覚書。

※保護ビューの無効化については自己責任でお願いします。

» 記事の続きを読む